【2020最新版】神奈川県鎌倉市で高く不動産を売却するコツと地域情報・相場を知ろう

鎌倉市で高く不動産売却するコツ
  • 高く不動産を売却するには相場の把握が必要不可欠
  • 鎌倉市は多くの観光スポットがあり海と山に囲まれた自然豊かな街
  • 都心へも行きやすい鎌倉駅や大船駅周辺の地価が上昇傾向
  • 大船駅周辺は今後の開発計画もあり引き続き人気のエリア

鎌倉市は、神奈川県の南部に位置する都市です。市域は南部の相模湾と丘陵部に囲まれた自然豊かな環境となっており、鎌倉幕府時代の伝統ある歴史的遺産が多く残っている観光地としても知られています。

主な観光名所には鎌倉大仏で有名な「高徳院」や全国有数の規模を誇る神社「鶴岡八幡宮」などがあります。また、小町通りや由比ヶ浜海岸など、買い物から海水浴場と多くの観光スポットが存在します。鎌倉市の年間延べ観光客数は約1,902万人(2019年)です。

ここでは、鎌倉市の不動産事情や地域特性、不動産を売るときに注意すべき点やポイントなどを紹介していきます。

あなたの不動産を簡単60秒で無料査定!

鎌倉市の最近の様子

  • 鎌倉市は観光地としても人気だが、都心のベッドタウンという側面もある
  • 最近では鎌倉市深沢地区まちづくりが計画されている
  • 安心できるまちづくりと観光名所との共存をはかっている

鎌倉市は海と山、それぞれの自然があふれる大変魅力的な街です。昭和後半から丘陵地での大規模な住宅地開発が行われ、住宅地が増えました。鎌倉市民は休日になると海や山へ遊びに行き、身体も心もリフレッシュしながら生活している印象です。おしゃれな飲食店も多くあり、心も身体も満たされる環境が充実しています。

市外はもちろん都心への通勤者も多く、市としてベッドタウンとしての側面も見られます。鎌倉市内の鉄道交通はJR東日本、江ノ島電鉄、湘南モノレールなど併せて5路線が運行しているなど充実しています。また、道路交通状況は、横浜横須賀道路に通じるインターチェンジがある他、12本近くの県道路線が通っています。

最近では湘南モノレール湘南深沢駅西側に広がる約32.5haの広大な空き地で、鎌倉市深沢地区まちづくり(深沢地区土地区画整理事業)が計画されています。

まちづくりの方向性として「こころとからだの健康を育むまち」「イノベーションを生み出すまち」「あらゆる人と環境にやさしいまち」の3つの視点が挙げられています。健康でいきいきとしたライフスタイルを構築することや、まちも文化や歴史を育むことにより人もまちも共に健康でいられるという考えのもと、開発が行われる計画です。

鎌倉市は観光名所を多くもち、非常に観光客が多いことで有名ですが、鎌倉の自然や歴史・文化を維持しながら、居心地が良く、安心して暮らせるまちづくりを重視して計画が進められています。

不動産売却の流れを把握しましょう

まずは、不動産売却の流れを把握しましょう。全体像を把握することで売却の成功に一歩近づきます。

不動産売却の流れ

Step1:相場を調べる
 ▶相場を調べるところから不動産売却は始まります。

Step2:不動産会社に査定を依頼する
 ▶保有する不動産がいくらで売却できるか不動産会社に査定してもらいます。

Step3:不動産会社と契約を締結する
 ▶査定内容に問題がない場合は契約を締結します。

Step4:不動産の売却を始める
 ▶実際に不動産を売りに出します。

Step5:売却・引き渡し
 ▶買い手が見つかれば売却の手続きを行い、不動産を引き渡します。

不動産売却の際に重要なのは、「自分の不動産はいくらで売れるのか」という相場感を把握することです。

不動産の売価をエリアの売買相場より高く設定しすぎると売れにくくなり、低く設定しすぎると自身が損をすることになります。納得のいく不動産売買を行うためには、プロのアドバイスや注意点を聞きながら売価を設定しましょう。

鎌倉市の相場を知ろう

  • 鎌倉市の地価は下落が続いていたが、2014年から僅かに上昇している
  • 鎌倉駅や大船駅周辺は、昨年比2%~3%以上値上がり
  • 土地も中古マンションの相場も近年わずかに上昇している
  • 鎌倉ブランドがあり、近隣に比べ割高になっている
  • リノベーションをした中古一戸建ての取引件数は増加傾向

まずは鎌倉市の売却動向を簡単に掴んでいきましょう!

鎌倉市の地価・不動産相場の推移

鎌倉市の地価は、1年前と比較して0.38%増加しており、2020年現在は 23万4,624円/㎡です。景気悪化の影響で、2009年から5年ほど下落が続いていましたが、2014年からの7年間は、僅かながら上昇しています。

特に鎌倉駅や大船駅周辺は、昨年比2%~3%以上の大きな動きを見せています。駅から離れた地域でも鎌倉の地域ブランドもあり、土地は高値がついています。相場に関しては、土地も中古マンションの相場も近年わずかに上昇傾向です。駅から徒歩6分未満の比較的駅が近い物件数が大きく増加したことが価格上昇の要因と言えます。

東京駅から約1時間圏内の他のエリアの地価(2018年基準地価)と比較すると、神奈川県平塚市(16.2万円)、東京都八王子市(16万円)、埼玉県川越市(17.5万円)などとなっており、鎌倉市(27.5万円)が他の地域よりもかなり高いことが分かります。

単純比較はできませんが、鎌倉の不動産価格には「鎌倉プレミアム」とも言うべき価値が含まれていると考えられます。

鎌倉市の売却動向や売却相場の動き

鎌倉駅、大船駅、西鎌倉駅、湘南深沢駅に近い物件の取引が盛んです。土地のみの取引価格(総額)の厚い層は2,500万円~3,500万円前後、土地と建物は3,500万円~4,500万円前後、中古マンションは2,500万円~3,500万円前後でした。

土地と建物の取引件数が多い物件は、最寄駅まで10分〜20分以内の物件、中古マンションは、間取りが3LDK、次いで2LDK、最寄駅まで20分以内の物件の取引が多くみられました。

鎌倉市は中古一戸建ての物件も数多くあり、あえて雰囲気のある中古物件を鎌倉ならではの趣きある家作り(リノベーション)をする人も多いようです。 リニューアルして生まれ変わる中古一戸建ての取引件数は増加傾向にあります。

参考)鎌倉市での直近の取引価格情報

中古マンション(駅距離基準値:10)

駅徒歩
10分以内
駅徒歩
10分以上
70㎡3,550万円1,950万円
75㎡2,400万円2,500万円
80㎡3,250万円2,650万円
85㎡4,400万円3,800万円
90㎡6,400万円3,800万円
95㎡8,000万円2,700万円
100㎡2,100万円

※2019年取引価格中央値

戸建て(駅距離基準値:15)

駅徒歩
15分以内
駅徒歩
15分以上
80㎡3,450万円2,300万円
85㎡3,600万円3,600万円
90㎡2,700万円2,500万円
95㎡4,000万円3,800万円
100㎡4,050万円4,200万円
105㎡4,400万円4,500万円
110㎡4,300万円3,200万円

※2019年取引価格中央値

不動産価格に影響を与えそうな出来事

  • 大型開発は大船駅周辺で行われている
  • 2021年春、大船駅前に大型商業施設が開業予定

2021年春、大船駅前に大型商業施設が開業します。マンションは「ブランズタワー大船」、低層階及び隣接した部分が大型商業施設「グランシップ」となり複数の店舗が出店予定です。大船駅周辺は鎌倉市の中でも人気の高まっている地域ですが、駅前の開発が進むことにより不動産価値にも影響を与えそうです。

【売却のコツ】鎌倉市の地域特性を把握し、高く売るための戦略を練ろう

  • 鎌倉市の人口はほぼ横ばいに推移している
  • 鎌倉はブランド力が強いので、一定の人気を保っている
  • 市の中では大船駅周辺が便利で住みやすい場所になっている

地域特性を知るメリットとは?

観光地としても、静かな郊外の住エリアとしても人気の鎌倉市の場合、比較的物件も多く動いています。自分の不動産がどのような価値をもっているのかを知ることは非常に重要です。物件の近くに有名な観光名所があるか、高級住宅地なのかといったエリアの特徴から、買いたい人がどのような層か考えてみましょう。

ただし絶対的な答えはないので、詳しくは地元に詳しい専門家である不動産会社の人と相談することをおすすめします。

鎌倉市の地域特性・歴史や魅力

街の歴史と魅力

平安時代末期、源平合戦での勝利を経て源頼朝が幕府をひらいたのが鎌倉です。鎌倉は日本で初めて誕生した武家政権の中心地であり、初めて関東で政治が行われた場所でもあります。その後、室町時代に入って政治の中心が再び京都に戻ってからは、鎌倉の地はひっそりとした農業と漁業の村になって、表舞台から遠ざかってしまいます。

江戸時代になって再び関東がにぎやかになると、鶴岡八幡宮や由比ヶ浜、鎌倉大仏などの名所が、江戸庶民に愛される観光地となり、鎌倉市は再び脚光をあびるようになりました。明治時代には日本初の別荘地として鎌倉山の開発が進められ、海も山もあるおしゃれな観光地としての地位を確立しました。

鎌倉市の人口推移

2015年の国勢調査の結果、2015年の時点での総人口は17万4,050人と5年前の調査よりも264人減少という結果になり、ほぼ横ばいであることがわかりました。高齢者の自然減を鑑みると、全体として一定数以上の若い世代の流入はあると考えてよさそうです。

都心へのアクセスが良い地域ではありませんが、街としての魅力と「鎌倉ブランド」が人気の秘密と思われます。

鎌倉市で人気のエリアは?

鎌倉市の中でも、住みやすい街として人気があるのが大船です。大船駅周辺にはいわゆる鎌倉らしい古都の雰囲気はまったくありませんが、住みやすさを優先させるなら、大船駅周辺をおすすめします。

大船駅は、鎌倉市に位置し、京浜東北線や東海道線、横須賀線などJRの各線と、湘南モノレールの接続駅です。横浜市と鎌倉市の境界にあり、駅の一部は横浜市です。「大船観音」を望む側、駅西口はすぐに丘陵地帯が迫っているので、市街地は駅の東口側に広がっています。

駅ビルには商業施設「大船ルミネウィング」があり、人気のアパレル店やユニクロ、無印良品などのお馴染みの店が揃っています。駅前に広がる大船仲通商店街は、下町風情たっぷりの商店街で、威勢のいいかけ声が響き渡ります。また、ドン・キホーテやユザワヤ、ヤマダ電機なども入居する西友などもあります。

わざわざ横浜方面に出向かなくても、ある程度のことであれば大船で事足りるでしょう。 鎌倉市でありながら鎌倉らしさのない大船ですが、肩肘張らない現実的な住みやすさにあふれる街です。

鎌倉市で不動産売却をおこなう際のポイント・注意点

  • 鎌倉の高級住宅エリアの物件はセキュリティ面も考慮する必要がある
  • 鎌倉市は歴史の古い街なので不動産会社の数も多い
  • 販売実績が豊富で、安心できる不動産会社を見つけることが大切

ポイント・注意点1

鎌倉市は関東有数の高級住宅街としても高い人気を誇り、 住みたい街ランキングの上位常連でもあります。鎌倉山や旧鎌倉地区や西鎌倉などは昔からの大邸宅が並び、億を超える物件も珍しくはありません。芸能人や会社経営者が別荘を買ってリタイア後に住んでいるケースも多いようです。

売却物件がこのようなエリアである場合は、物件の状態だけではなく、防犯などのセキュリティや周辺住民との関係性についても十分に考慮することが必要になります。

ポイント・注意点2

鎌倉市は歴史の古い街なので、全国型の不動産会社だけでなく、昔からの地域密着型の不動産会社も多くあります。戸建ての販売を得意としている会社や、駅前などのマンションの中古販売を得意としているところなど、強みもさまざまです。

物件を少しでも高く販売するためには、その物件の価値を理解して、そのアピールポイントを的確に買い手に伝える能力が必要になります。販売実績が豊富で、しっかりとした付き合いができる能力の高い不動産会社を見つけることが売却成功への近道になります。

まとめ

本記事では、不動産売却の基本的な流れと、鎌倉市での不動産売却に役立つ相場情報(マンション・戸建て・土地)や地価推移、街の特徴や魅力について紹介しました。

  • 鎌倉市の地価は1年前と比較して0.38%の増加
  • 土地や中古マンションの相場はわずかに上昇傾向
  • 土地と建物相場は3,500~4,500万円前後
  • 中古マンションは2,500~3,500万円前後が相場
  • 高級住宅エリアの物件はセキュリティ面の強化も必要
  • 高く売るためには信頼できる不動産会社探しが大事

不動産を高く売るためには、地域特性と相場を把握した上での戦略と、信頼できる不動産会社からの協力が必要不可欠です。鎌倉市での不動産売却をお考えの方は、鎌倉市の不動産売却の市況を細かくリサーチしながら、パートナーとなる不動産会社探しを始めましょう。

不動産売却についての
ご相談、ご依頼はこちらまで
ご相談、査定は無料です
お気軽にお問い合わせください
0120-96-4876
受付:9:30~18:30年中無休(年末年始を除く)
WEBでのお問い合わせ
24時間365日
タイトルとURLをコピーしました