【2020最新版】愛知県岡崎市で高く不動産を売却するコツと地域情報・相場を知ろう

愛知県で不動産売却するコツ
  • 高く不動産を売却するには相場の把握が必要不可欠
  • 岡崎市は名古屋市や豊田市に近いのでベッドタウンとして人気
  • 大型ショッピングモールの出店が相次ぎ、ファミリー層に需要増大中
  • 不動産相場は安定しているので、物件の売り時でもある

愛知県岡崎市は江戸幕府をひらいた徳川家康が生まれた地として有名です。愛知県のほぼ中央部に位置し、名古屋市内中心部や豊田市へも近いので、近年ベッドタウンとしての性格も持ち合わせています。

岡崎市には続々と住宅地が造られ人口を増やしてきました。市内には東海地方最大級のショッピングセンター「イオンモール岡崎」があり、大規模小売店舗も多く、2012年の年間商品販売額は県内4位という高い商業力も有しています。

岡崎市の伝統産業は八丁味噌、花火、石製品などが有名です。中でも八丁味噌は岡崎市八帖町で作られているものだけを指し、まるや八丁味噌とカクキューの2社のみが製造しています。

あなたの不動産を簡単60秒で無料査定!

愛知県岡崎市の最近の様子

  • 岡崎市では若いファミリー層に人気で、市外からの転入者が増えている
  • エリアの購買力も高く、大手ショッピングモールが多数新規オープン予定

岡崎市は20代30代の若いファミリー層を中心に市外からの転入者が着実に増えているので、大手スーパーマーケットも続々と新しい大型店舗をオープンさせています。2020年の秋に岡崎駅南口に「岡崎駅南複合商業施設」(仮称)がオープン予定です。地元大手スーパーであるバローのほか、ドラッグストア、ファッション、レストランなどが多数入居予定です。

同時期には岡崎市美合町にイオンタウン岡崎美合がオープン。マックスバリューを中心に、物販店や飲食店、スポーツクラブなど約25店舗が出店します。新規の2つのショッピングセンターの開業を意識してか、岡崎市の老舗ショッピングモールであるイオンモール岡崎も秋に大幅リニューアルすることが発表され、岡崎市のショッピングモールは三つ巴の様相を呈しています。

不動産売却の流れを把握しましょう

まずは、不動産売却の流れを把握しましょう。全体像を把握することで売却の成功に1歩近づきます。

不動産売却の流れ

Step1:相場を調べる
 ▶相場を調べるところから不動産売却は始まります。

Step2:不動産会社に査定を依頼する
 ▶保有する不動産がいくらで売却できるか不動産会社に査定してもらいます。

Step3:不動産会社と契約を締結する
 ▶査定内容に問題がない場合は契約を締結します。

Step4:不動産の売却を始める
 ▶実際に不動産を売りに出します。

Step5:売却・引き渡し
 ▶買い手が見つかれば売却の手続きを行い、不動産を引き渡します。

不動産売却の際に重要なのは、「自分の不動産はいくらで売れるのか」という相場感を把握することです。

不動産の売価をエリアの売買相場より高く設定しすぎると売れにくくなり、低く設定しすぎると自身が損をすることになります。納得のいく不動産売買を行うためには、プロのアドバイスや注意点を聞きながら売価を設定しましょう。

愛知県岡崎市の相場を知ろう

  • 岡崎市の公示地価、坪単価ともに順調に上昇している
  • 東岡崎駅周辺や六名、北岡崎がニュータウンとして人気のエリア
  • 不動産取引が最も多いのは東岡崎エリア

まずは愛知県岡崎市の売却動向を簡単に掴んでいきましょう!

愛知県岡崎市の地価・不動産相場の推移

岡崎市の2020年最新公示地価は平均10万7954円/㎡です。前年と比較すると、+1.4%と上向き傾向が感じられます。岡崎市では大型スーパーの新規出店ラッシュで人口転出が増えたこともあり、じわじわと不動産が値上がりしているようです。

上昇率で見ると、最近ニュータウンとして人気の東岡崎駅周辺や六名、北岡崎の地価が好調のようです。岡崎市全体が上昇という訳ではありませんが、全般的に回復基調で期待がもてそうです。

愛知県岡崎市の売却動向や売却相場の動き

岡崎市の中古マンションは3LDK、4LDKの比較的広い物件が1,000〜2,000万円で多く取引されています。岡崎市は車移動が中心なので、駅までの距離はあまり不動産価格に影響を与えません。駅から少し遠くても良い物件であれば高値で取引されています。

相場が動いているのは土地・建物・中古マンション共に圧倒的に東岡山エリアでした。その次に続くのが岡崎、矢作橋、美合です。

参考)愛知県岡崎市での直近の取引価格情報

中古マンション(駅距離基準値:10)

駅徒歩
10分以内
駅徒歩
10分以上
70㎡3,400万円1,100万円
75㎡1,600万円1,650万円
80㎡3,200万円1,100万円
85㎡1,700万円
90㎡3,400万円3,050万円
95㎡3,900万円
100㎡8,000万円

※2019年取引価格中央値

戸建て(駅距離基準値:15)

駅徒歩
15分以内
駅徒歩
15分以上
80㎡1,450万円
85㎡
90㎡3,400万円3,400万円
95㎡3,750万円2,700万円
100㎡3,350万円3,300万円
105㎡3,950万円3,700万円
110㎡2,400万円4,500万円

※2019年取引価格中央値
参照:国土交通省「土地総合情報システム」

不動産価格に影響を与えそうな出来事

  • リニア中央新幹線開通による経済効果に期待
  • 岡崎東部や乙川リバーフロントの開発計画がある

2027年に開業予定のリニア中央新幹線は愛知県の社会・経済に大きな影響を与えることは間違いありません。岡崎市でも、リニア中央新幹線の開業効果を最大限に生かすために、「岡崎市まち・ひと・しごと創生総合戦略」と銘打って一大プロジェクトが進められています。

岡崎市内には歴史的な建造物や観光スポットが点在している状態なので、それらを公共交通機関で連携させ、魅力的な観光モデルルートを作成して、市内回遊をよくすることがポイントになっています。

特に乙川リバーフロント地区や岡崎東部エリアは観光スポットの創出や交通網の整理が計画されており、将来的に住宅地としての価値も高まることが予想されます。

【売却のコツ】愛知県岡崎市の地域特性を把握し、高く売るための戦略を練ろう

  • 岡崎市は江戸幕府を開いた徳川家康の出身地で有名
  • 岡崎市は出生率も高く、人口はわずかだが増加している
  • 人気のエリアは竜美が丘と東岡崎

地域特性を知るメリットとは?

愛知県岡崎市の場合、比較的物件も多く動いています。自分の不動産を購入してもらうためにも販売戦略はとても重要です。エリアの特徴から、買いたい人がどのような層か考えてみましょう。ただし絶対的な答えは無いので、詳しくは地元に詳しい専門家である不動産会社の人と相談することをおすすめします。

愛知県岡崎市の地域特性・歴史や魅力

街の歴史と魅力

岡崎市は江戸幕府を開いた徳川家康の出身地で有名です。城下町及び東海道の宿場町であり、西三河の中心都市として栄えてきました。復元ではありますが家康の生誕地でもある岡崎城、岡崎宿や藤川宿周辺では岡崎市の歴史や風情を感じることができます。

明治時代に入ると官営の紡績工場が建てられ、東海道本線や名鉄線といった鉄道開通により近代化が一層進みました。戦後にはトヨタ自動車の自動車輸送やユニチカ岡崎工場向けの原料輸送が行われました。

現在も岡崎市は愛知県内有数の工業都市です。周辺にはトヨタ自動車の関連企業も多く、生産用機械や金属製品等の製造業のほか、エレクトロニクスやメカトロニクス産業といった最先端産業も進出しています。

愛知県岡崎市の人口推移

岡崎市の人口は国勢調査によると、2010年が376,387人、2015年が381,931人でした。 2020年6月現在では386,990人で、 比較すると10年間で+10,603人で2.82%の増加となっています。

愛知県の中では名古屋、豊田市に次ぐ3番目に人口が多い町です。ちなみに4番目は豊橋市で、2015年の豊橋市の人口は374,765人で、岡崎市と近い数字になっています。全国の総人口ランキングで見ても、岡崎市は59位なのに対し、豊橋市は62位と、ほとんど同位置です。

ただし豊橋市で2010年から2015年に若干人口が減ったのに対して、岡崎市は2000年から毎年緩やかに増加しています。岡崎市の出生率は全国や愛知県より高く推移しており、若年層の割合が大きいのも好材料です。

愛知県岡崎市で人気のエリアは?

岡崎市の人気の住宅地はとしては「竜美が丘」です。岡崎市内で最も地価が高く、高級住宅街として名前が通っています。閑静な雰囲気の中に、豪華な戸建が立ち並ぶ場所で、近くには竜美ヶ丘公園という自然の美しい公園があるのもポイントです。

また、イオンモール岡崎に近い名鉄「東岡崎」駅の周辺も人気があります。名鉄バスの路線も多く走り、商業施設が多く集まって、住むのに便利な町です。大きな病院や学校、保育園なども充実していることから、ニュータウンとして子育て世代に支持されています。

愛知県岡崎市で不動産売却をおこなう際のポイント・注意点

  • 岡崎市は三世代以上同居世帯の割合が高く、家族の結びつきが強い
  • 不動産相場は上がっているが、二極化が進んでいる

ポイント・注意点1

岡崎市は愛知県の他の市町村や全国と比べて、3 世代以上同居世帯の割合が高いエリアです。愛知県は就職や就学においても県内にとどまる傾向が強く、家族の結びつきが強い県民性があります。結婚して住居を構えるとしても、賃貸物件やマンションよりも新築の戸建物件に人気が集まる傾向にあります。

これから先長く家族で住むことを見越して不動産物件を選ぶことになるので、自然と物件を選ぶ目は厳しくなります。岡崎市で物件を売ろうと考えている場合は、市内の他の物件をしっかりと調査して、自分の物件の強みを理解した上で、販売戦略を立てることが大切です。

ポイント・注意点2

岡崎市で不動産物件の売却を考えているなら、なるべく多くの不動産会社に行って情報収集を行うことをオススメします。岡崎市は人口も増えており、中部地方の中でも人気のエリアになってきているので、今は売り時だと言えます。

しかし岡崎駅前や岡崎市の東部の地価が上がっている一方で、それ以外の場所は、地価が下降しているところも多く見られます。大型ショッピングモールへのアクセスや電車、バスなどの公共交通機関の本数などもポイントです。ご自分の物件の価値をしっかり見極め、納得できる売却を実現しましょう。

まとめ

本記事では、不動産売却の基本的な流れと、愛知県岡崎市での不動産売却に役立つ相場情報(マンション・戸建て・土地)や地価推移、街の特徴や魅力について紹介しました。

  • 岡崎市は大型ショッピングモールなどがあり、人口は増えている
  • 不動産物件は東岡崎エリアが人気
  • 岡崎市の地価は全般的に回復基調
  • 岡崎市は車社会なので、駅から遠い場所でも価格が下がらない
  • 高く売るためには信頼できる不動産会社探しが大事

不動産を高く売るためには、地域特性と相場を把握した上での戦略と、信頼できる不動産会社からの協力が必要不可欠です。愛知県岡崎市での不動産売却をお考えの方は、愛知県岡崎市の不動産売却の市況を細かくリサーチしながら、パートナーとなる不動産会社探しを始めましょう。

不動産売却についての
ご相談、ご依頼はこちらまで
ご相談、査定は無料です
お気軽にお問い合わせください
0120-96-4876
受付:9:30~18:30年中無休(年末年始を除く)
WEBでのお問い合わせ
24時間365日
タイトルとURLをコピーしました