【2020最新版】愛知県犬山市で高く不動産を売却するコツと地域情報・相場を知ろう

犬山市で高く不動産を売却するコツ
  • 高く不動産を売却するには相場の把握が必要不可欠
  • 犬山市の地価は横ばい状態
  • 国宝の犬山城や城下町がある
  • 交通アクセスが良く、名古屋駅や岐阜駅に電車で25分

犬山市といえば、1537年に築城された犬山城が有名です。その周辺の地域は城下町として発展していきました。犬山城は現存している城の中で日本最古の様式で作られており、国宝にも指定されています。今でも犬山城と城下町は観光地として人気が高く、活気がある街です。

犬山市の主要産業は製造業。また、愛知県内最大の都市部である名古屋市などに行く人たちのベッドタウンとしても不動産のニーズがあります。

そんな犬山市周辺における不動産情報について、エリアの特性や不動産を売却するときの方法など、まとめてご紹介します。

あなたの不動産を簡単60秒で無料査定!

犬山市の近年の変化

  • 高く不動産を売却するには相場の把握が必要不可欠
  • 不動産取引価格は横ばいに近い上昇をしている
  • 犬山市は愛知県の最北端にある
  • 2016年には犬山祭がユネスコ無形文化遺産に登録

犬山市は愛知県の西部の最北端の市です。犬山市の端には木曽川が流れており、その木曽川をはさんで岐阜県と隣り合っています。市内には、日本最古の様式で建てられた犬山城もあり、国宝にも指定。江戸時代には、犬山市周辺は城下町として繁栄しました。観光地として人気が高い場所です。

さらに2016年12月1日には、犬山祭は車山行事などがユネスコ無形文化遺産に登録されました。不動産取引価格を2019年時点を前年と比べると緩やかに上昇していることもあり、近年さらに魅力が上がっているエリアだといえそうです。

不動産売却の流れを把握しましょう

まずは、不動産売却の流れを把握しましょう。全体像を把握することで納得のいく金額で不動産を売却することができます。

不動産売却の流れ

Step1:相場を調べる
 ▶相場を調べるところから不動産売却は始まります。

Step2:不動産会社に査定を依頼する
 ▶保有する不動産がいくらで売却できるか不動産会社に査定してもらいます。

Step3:不動産会社と契約を締結する
 ▶査定内容に問題がない場合は契約を締結します。

Step4:不動産の売却を始める
 ▶実際に不動産を売りに出します。

Step5:売却・引き渡し
 ▶買い⼿が⾒つかれば売却の⼿続きを⾏い、不動産を引き渡します。

不動産売却の際に重要なのは、「自分の不動産はいくらで売れるのか」という相場感を把握することです。ここでいう相場とは売買時の相場で、これは買取相場とイコールです。不動産の売価をエリアの売買相場より高く設定しすぎると売れにくくなり、低く設定しすぎると自身が損をすることになります。納得のいく不動産売買を行うためには、プロのアドバイスや注意点を聞きながら売価を設定しましょう。

※売買相場=買取相場

犬山市の相場を知ろう

  • 犬山市の地価は横ばいに近い
  • 県内では坪単価は高くない
  • 市内では犬山駅周辺の地価相場が高い

犬山市の売却動向を簡単に掴んでいきましょう!

参考)犬山市での直近の取引価格情報

■中古マンションなど(駅距離基準値:10)

駅徒歩
10分以内
駅徒歩
10分以上
70㎡
75㎡
80㎡2,100万円
85㎡
90㎡2,700万円
95㎡
100㎡

※2019年取引価格中央値

■戸建て(駅距離基準値:15)

駅徒歩
15分以内
駅徒歩
15分以上
80㎡
85㎡700万円
90㎡580万円270万円
95㎡
100㎡2,100万円810万円
105㎡2,500万円1,600万円
110㎡2,700万円

※2019年取引価格中央値
参照:国土交通省「土地総合情報システム」

犬山市で不動産価格に影響を与えそうな出来事

  • 名古屋市に行きやすい
  • 犬山市の人口は減少していく見通しがある
  • 低金利政策は不動産売買にプラスの影響がある

犬山市は交通アクセスが良く、東海エリアの商圏の中心部・名古屋市に行きやすい便利なエリアです。

電車を使えば名古屋市まで25分。ちなみに、岐阜市までも同じくらいの時間です。そのため、通勤通学する人たちのベッドタウンとしても不動産の購入ニーズがあります。

そんな犬山市ですが、今後の人口は右肩下がりに減少していくという見通しです。人口が減少すると不動産を購入したい人も減ってしまいます。そのため、売却したい不動産がある人は早めの行動をしたほうが良いと考えられるでしょう。

また、今は日銀が低金利政策を行っていることも不動産売却がしやすくなります。不動産購入を希望する人がローンを組む際に、同じ額を借りても実際に返す額は大きく下げることができるのです。そのため、今は不動産売却にも購入するにもハードルが下がっているといえるでしょう。

【売却のコツ】犬山市の地域特性を把握し、高く売るための戦略を練ろう

  • 地域特性に合わせた販売戦略が大事
  • 犬山市は織田信長など戦国武将ゆかりの地
  • 犬山市では製造業が盛ん

地域特性を知るメリットとは?

不動産売却のときには不動産会社に任せっきりの人も多いものです。しかし、その物件を一番よく知っているのはあなた。不動産会社のスタッフと一緒になって販売戦略を練ることで、売却の成功に近づけるでしょう。地域の特性を知り、その上で特性に合わせた戦略を立てることで、不動産を高値で早く売ることにつながります。

そのためには、地域特性から「この不動産にニーズがありそうなのはどんな層か」を考えて、チラシの文言などを作る必要があります。

このエリアで不動産購入を検討している人に自分の物件を選んでもらえるように、ターゲットになる層へ、自分の物件を魅力的に見せる販売戦略は重要です。まずは地元の不動産の販売状況に詳しい、不動産会社のスタッフと相談して考えることをおすすめします。

犬山市の地域特性・歴史や魅力

犬山市で人気のエリアは?

犬山市で特に人気が高いエリアは犬山駅の周辺です。その次に人気があるのが富岡前駅周辺のエリアとなっています。犬山駅は名鉄(名古屋鉄道)の犬山線から小牧線や広見線に分岐する場所です。犬山駅の西側は商店街ができています。また、犬山市立図書館や市役所なども西側です。

犬山駅の東側は区画整備され、犬山警察署や犬山郵便局は駅の東側に立地しています。このように、犬山駅の周辺には市の施設が集まっており、犬山駅周辺は市の中心部といえるエリアであるといえます。

犬山市の人口推移

犬山市の2015年時点の人口は7万4,308人です。 前回調査があった2010年は7万5,198人で、 比較すると890人減でした。この数字は、愛知県内では69市区町村中53番目に値しており、人口は減少傾向です。

世帯数は2万8,269世帯で、 前回調査のあった2010年の2万7,359世帯と比較すると、 910世帯増加。人口は緩やかに減少したものの、世帯数は増加傾向にあるといえます。

参照:愛知県統計課 国勢調査結果

街の歴史と魅力

犬山市は愛知県の最北端に位置する市です。市内西部は濃尾平野の一部にあたり、そのエリアを市街地や農地や工業地として利用しています。市の北側には木曽川が流れ、名勝にも指定されているのです。

そんな犬山市では古代から小さな集落がありました。今でも東之宮古墳、青塚古墳などが残っています。現在も木曽川でおこなわれている、有名な鵜飼は1300年も前から続いているそうです。

犬山市では、室町時代に木曽川沿いの小高い丘の上に城が築かれました。これが現在にも残っている国宝の犬山城です。犬山城は尾張国と美濃国の境に作られており、別名「白帝城」とも呼ばれます。

戦国時代になると、このあたりのエリアは織田家の所領となりました。織田信長はこの城の城主にはなっていないものの、信長にもゆかりがある城です。

信長の死後、1584年に勃発した小牧・長久手の戦いで羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)側が織田信雄側から奪取します。そして、犬山城に本陣を敷いて徳川家康と戦いました。

この時には和睦が結ばれ、犬山城は織田家に返還されました。その後、江戸時代に入ると尾張藩付の家老・成瀬氏が城主に。犬山市は城下町として発展していきました。その当時からあった城下町の町割りは現在でもそのまま残っており、「総構え」と呼ばれている城郭構造が特徴的な街並みとなっているのです。

その後、周辺では明治以降に数々の合併があり、現在の犬山市の形となっていきました。現在の犬山市は空き家を有効活用する事業も行っており、古くからの街並みを残そうとしています。またこの事業によって、街の活性化や伝統産業の保護などを推進。

現在の犬山市は交通アクセスの良さも魅力的です。電車を使えば、名古屋市へも岐阜市へも25分で行けます。2つの県の県庁所在地へ30分以内で行けるという便利なエリアです。そのため、それらの場所へ通勤通学をしている人たちのベッドタウンとしても人気があります。

犬山市の主要産業は製造業です。平野部には工業地帯があり、犬山市は「名古屋内陸工業地帯」と呼ばれる地帯にも入っているほど、産業面も発展した街です。

犬山市で不動産売却をおこなう際のポイント・注意点

  • 犬山市の空き家率は上昇傾向にある
  • 世帯あたりの不動産会社が多い

ポイント・注意点1

犬山市の空き家率は、2018年に調査があったときには11.88%でした。その前に調査があった2013年時点では12.03%だったため、比較すると空き家率が5年間で0.15%減少しています。なお、2018年の犬山市の空き家件数は約3,830戸でした。

このように、犬山市内での空き家率はここ数年間は横ばい状態です。一方で、愛知県の2018年時点の空き家率は11.31%だったため、犬山市は県全体の空き家率の数値よりもわずかに高い値になっているといえ、空き家率は右肩上がりの状態です。

空き家率が上がっているということは、潜在的な不動産売却のニーズも上がっていくと考えられます。売却したい不動産がある人にとってはライバルになる物件が増えるということ。そのため、時期を逃すと今よりも不動産を売却にくくなる可能性があります。

参照:政府統計総合窓口

ポイント・注意点2

犬山市では、良い不動産会社をみつける難易度が他エリアよりも高いと考えられます。2015年時点で、1万世帯あたりの不動産会社の店舗数は約6.3店舗ほどでした。これは全国的にも高い数値です。犬山市は不動産会社が過剰気味な地域といえるため、不動産会社選びには時間がかかるかもしれません。

たくさんの不動産会社の中から、自分が「任せられる」と感じる不動産会社をみつけることが不動産売買において重要なポイントです。しっかりと情報収集をし、信頼できる不動産会社をみつけましょう。

まとめ

本記事では、不動産売却の基本的な流れと、犬山市で不動産売却をする際に役立つ相場情報、地価推移、坪単価、街の特徴などを紹介しました。

  • 犬山市の不動産価格は横ばい状態
  • 市内で地価相場が高い場所は犬山駅周辺
  • エリアごとに合った販売戦略が大事
  • 高く売るためには信頼できる不動産会社探しが大事

不動産を高く売るためには、どんな購入層が多いのかを地域の特性と相場を元に考えて販売戦略を練る必要があります。

その際、信頼できる不動産会社によるサポートは欠かせません。犬山市で不動産売却をお考えの方は、そのエリアの不動産売却状況を調べた上で、あなたが信頼できる不動産会社探しを始めましょう。

不動産売却についての
ご相談、ご依頼はこちらまで
ご相談、査定は無料です
お気軽にお問い合わせください
0120-96-4876
受付:9:30~18:30年中無休(年末年始を除く)
WEBでのお問い合わせ
24時間365日
タイトルとURLをコピーしました