【2020最新版】東京都調布市で高く不動産を売却するコツと地域情報・相場を知ろう

東京都調布市で高く不動産を売却するコツ
  • 高く不動産を売却するには相場の把握が必要不可欠
  • 東京都の多摩地域26市内比で不動産価格が高め
  • 線路跡地の再開発がおこなわれている

調布市は東京都の中でもほぼ中央部に位置している市です。23区との境にある調布市は、東京都心部にも行きやすいのが魅力。新宿駅までは最短で15分ほどで行けるくらい交通の便が良いため、通勤通学にも便利です。

市内には多摩川が流れており、レジャースポットとして親しまれています。「自然豊かな場所でのびのびと子育てをしたいけれど通勤に時間がかかるのはちょっと……」というファミリー層からの需要の見込める地域であると言えるでしょう。ここでは、調布市のトピックや地域特性、不動産を売るときの流れなどを紹介していきます。

あなたの不動産を簡単60秒で無料査定!

調布市のトピック

東京都調布市のトピック
  • 調布駅から新宿駅まで最短15分
  • 駅の地下化で踏切問題が解消された

調布市は、京王線で調布駅から新宿駅まで最短15分で行ける距離感です。調布市の南には多摩川が流れており、多摩川緑地公園という自然豊かな大きい公園も。子育て支援や医療体制などが充実しており、子育てしやすい場所としてファミリー層に根強い人気です。

そんな調布市では、京王電鉄と協力して再開発が進められています。以前はこの周辺に「開かずの踏切」と呼ばれる踏切がありました。その問題を解消するために2012年から調布駅やその近くの布田駅、国領駅を地上ではなく地下に作り直したのです。

その結果、踏切の問題が解消され、以前よりもスムーズに道を通れるようになり、このあたりの土地の利便性が向上しました。

不動産売却の流れを把握しましょう

不動産売却の流れを把握しましょう

まずは、不動産売却の流れを把握しましょう。全体像を把握することで納得のいく金額で不動産を売却することができます。

不動産売却の流れ

Step1:相場を調べる
 ▶相場を調べるところから不動産売却は始まります。

Step2:不動産会社に査定を依頼する
 ▶保有する不動産がいくらで売却できるか不動産会社に査定してもらいます。

Step3:不動産会社と契約を締結する
 ▶査定内容に問題がない場合は契約を締結します。

Step4:不動産の売却を始める
 ▶実際に不動産を売りに出します。

Step5:売却・引き渡し
 ▶買い手が見つかれば売却の手続きをおこない、不動産を引き渡します。

不動産売却の際に重要なのは、「自分の不動産はいくらで売れるのか」という相場感を把握することです。

不動産の売価をエリアの売買相場より高く設定しすぎると売れにくくなり、低く設定しすぎると自身が損をすることになります。納得のいく不動産売買をおこなうためには、プロのアドバイスや注意点を聞きながら売価を設定しましょう。

調布市の相場を知ろう

東京都調布市の相場を知ろう
  • 調布市の不動産相場は上昇傾向
  • 不動産取引数も増えている

まずは調布市の売却動向を簡単に掴んでいきましょう!

調布市の地価・不動産相場の推移

国土交通省が2020年に発表した公示地価から、調布市の不動産相場の推移を確認しましょう。調布市の住宅地の平均価格は、2018年と2019年で比べると1.9%高くなっています。なお、2019年時点の住宅地の平均価格は33.8万円/㎡でした。

商業地の平均価格も、2018年と2019年の比較では3.8%アップ。つまり住宅地でも商業地でも前年度より不動産相場が上がっています。そのため、調布市では不動産購入ニーズが高まっていると考えられるでしょう。東京都内で23区以外の市部の不動産価格を比較した場合、調布市は相場が高めであると言えます。

調布市の売却動向や売却相場の動き

調布市での近年の不動産売却動向を確認していきましょう。調布市では、新築不動産も中古不動産でも取得数がともに増加傾向に。なお、新築と中古で取引件数を比べたときには、新築のほうが取引件数が多くなっています。

また、調布市では住宅を新築着工する戸数が住宅の滅失戸数を大きく上回っています。つまり住宅の総件数が上がり続けているということです。建てられている物件はマンションなどの共同住宅が7割ほど、一戸建が3割ほどの割合で、ほぼ一定の割合で推移しています。

調布市にある不動産の1住宅当たりの平均延べ面積は62㎡。この数値は多摩地域内26市の中で一番少ない値です。 地価相場も高めであり、不動産取得数も多い調布市は不動産のニーズが見込める地域だと言えるでしょう。

参考)調布市での直近の取引価格情報

中古マンションなど(駅距離基準値:10)

駅徒歩
10分以内
駅徒歩
10分以上
70㎡4,200万円3,600万円
75㎡3,900万円4,400万円
80㎡7,500万円
85㎡
90㎡3,500万円
95㎡
100㎡

※2019年取引価格中央値

戸建て(駅距離基準値:15)

駅徒歩
15分以内
駅徒歩
15分以上
80㎡4,500万円4,200万円
85㎡4,600万円4,300万円
90㎡5,550万円4,850万円
95㎡5,350万円4,400万円
100㎡5,750万円4,500万円
105㎡5,200万円5,600万円
110㎡6,800万円

※2019年取引価格中央値

不動産価格に影響を与えそうな出来事

不動産価格に影響を与えそうな出来事
  • 調布駅など、付近の駅が地下に作り直された
  • 線路跡地の再開発計画が進行中

調布市周辺では2012年から京王線の駅の地下化が実行されています。電車が地下を通るようになったことで、不動産取引にもその影響がありそうです。

地上にもともとあった線路は必要のないものとなり、現在使われていない土地が増えることとなりました。その跡地を使って商業施設や住宅などを建築する計画が進行しています。それによる街自体の活性化も期待できると言えるでしょう。

【売却のコツ】調布市の地域特性を把握し、高く売るための戦略を練ろう

東京都調布市の地域特性を把握し、高く売るための戦略を練ろう
  • 不動産会社と一緒に販売戦略を練ることが大事
  • 行楽地や郊外の住宅地として人気に
  • 調布市の人口は増加している

地域特性を知るメリットとは?

不動産会社を売る際は不動産会社に任せっぱなしではなく、あなたも一緒に考えることでさらに売却成功に近づくでしょう。その地域の特性に沿った販売戦略を立てられるかが、早く高く売れるかに影響すると言えます。

不動産を売却する時には、買ってくれそうな相手は誰か、どんな条件なら買ってくれそうかなど、戦略性を持つ必要が出てくるのです。

調布市は需要のある地域なので、購入を検討している人は多いものの、その分不動産売却を希望している人もいます。家が売れるかは競争的であるとも考えられるため、自分の不動産を選んでもらうためにも、販売戦略は重要です。

エリアの特徴から、ターゲットになりそうな購入者層を考えてみましょう。詳しくは専門家である不動産会社の人と相談することをおすすめします。

調布市の地域特性・歴史や魅力

街の歴史と魅力

調布市は多摩川が形成した段丘が2つと沖積低地から形成された市です。これらの境には崖があり、古くからその場所を「はけ」と呼んでいます。そこから湧き出す水などを活用し、はるか昔から人々の暮らしが営まれてきました。

調布市には縄文時代の生活を確認できる遺跡が、飛田給や下布田、東原などに残っています。とくに下布田遺跡には2,500年ほど前の縄文時代終末期の祭りに関係する遺構・遺物などが複数発見され、国の史跡にも指定されているのです。国の重要文化財になっている土製耳飾りも出土しており、このころからすでに栄えていたことがうかがえます。

4世紀以降にはたくさんの古墳が作られるようになります。またこの時代の掘立柱建物が建設されていた跡なども残されていますが、現在は古墳の墳丘部分が削られているため、傍目から見てわかりやすいものはありません。

鎌倉時代以降からは、多摩川周辺は何度も合戦の舞台になります。国の史跡となっている深大寺城の跡も、もともとは合戦の準備のために戦国時代に作られたものです。

その後、江戸時代に入ると徳川家康が全国の交通網を整えます。調布市あたりにも江戸と諏訪を結ぶ甲州街道が通り、国領や下布田、上布田、下石原、上石原が宿場となりました。なお有名な新選組の近藤勇もこのあたりの出身であり、生家跡も残されています。

1913年には京王線の笹塚~調布間が開通。その後もどんどん路線を伸ばし、交通アクセスが便利になった調布市は、行楽地や郊外の住宅地として注目されるようになったのです。その後、関東大震災があった際に人々がたくさん移住し、工場の進出も増えました。

1931年には甲州街道が舗装されます。その4年後には稲城村と調布町の間の多摩川原橋が架橋。これらによって交通が発展し、産業開発にも大きく貢献することになりました。太平洋戦争が始まると、調布市は何度か空襲を受けます。しかしそれでも人口は増え続け、街の発展も大きく進み続けていきました。

1965年ごろからは団地が造られるようになります。人口も急増し、10万人を突破した調布市は全国でも人口増加率上位の都市に選ばれる市に。このころから、調布市では都市計画や総合計画をたてて環境整備を始めました。

交通アクセスの改善で人気が出た調布市は、現在でも都心への行きやすさが良好なエリアです。多摩川が流れ、都心近くでありながら美しい自然が残る場所として多くの人に選ばれています。

深大寺も、現在は市民の憩いの場として人気です。また調布市では数多くの映画制作もされていたほど景観の良い街でもあり、現在も街の魅力を輝かせています。

調布市の人口推移

調布市の人口は、2015年には22万9,061人でした。 前回調査のあった5年前にあたる2010年では22万3,593人で、比較すると5,468人増となっています。 また、人口比では2.45%増加と上昇傾向です。

同様に、世帯数は11万581世帯で、5年前の前回調査の10万7,919世帯と比較すると、2,662世帯増でした。人口も世帯数も上昇傾向にあり、調布市は安定した人口動態だといえます。

調布市で人気のエリアは?

調布市は子育てや通勤がしやすく、落ち着いた暮らしができるとしてファミリー層に人気です。調布市の中で、2020年の周辺公示地価が最も高く、不動産購入を検討している人からの注目が集まっていたのは調布駅周辺でした。なお、近辺で地価が最も低かった駅は深大寺駅でした。

調布駅の近くには大型商業施設である「パルコ」や「東急ストア」、「西友」などがあります。様々な飲食店や青果店などもあり、買い物に便利な点などが支持を集める理由の一つです。

調布市で不動産売却をおこなう際のポイント・注意点

東京都調布市で不動産売却をおこなう際のポイント・注意点
  • 駅周辺の商業地の不動産価格がとくに上昇
  • 調布市は不動産会社の店舗数が多い

ポイント・注意点1

調布市では、ここ数年間市内のほぼ全域で不動産価格が上昇している状態です。売却したい不動産がある人はチャンスであると言えるでしょう。さらに細かいエリアで確認をしていくと、住宅地よりも商業地のほうが不動産価格の上昇がずっと大きいことがわかります。とくに駅から徒歩5分以内のアクセス便利な地域での上昇が顕著です。

これは駅の地下化にともなう再開発事業に関係があります。2017年に「トリエ調布」ができるなど、商業地では開発によって街が活性化されたため、その周辺に住宅を持ちたいと考える人が増えているようです。

ポイント・注意点2

調布市では、不動産会社とのマッチングの難易度が他地域よりも高いと考えられます。1万世帯あたりの不動産会社の店舗数を計算すると、約12.1店舗となります。これは全国的に見ても多いと言える数字です。

調布市は不動産会社が過剰な地域なので、いい不動産会社を選ぶためには多くの不動産会社から自分に合ったところを探し出す必要があります。しっかりと情報収集をおこなって、相談できる不動産会社を見つけておきましょう。

まとめ

まとめ

本記事では、不動産売却の基本的な流れと、調布市で不動産売却をするときに役立つ相場情報や地価推移、街の特徴や魅力などを紹介しました。

  • 東京都の多摩地域26市で比べても不動産価格が高め
  • 線路跡地の再開発がおこなわれている
  • 高く売るためには信頼できる不動産会社探しが大事

不動産を高く売るためには、地域特性と相場を把握した上で販売戦略を練ることが重要です。さらに信頼できる不動産会社の協力も必要不可欠といえます。調布市での不動産売却を考えているのであれば、調布市の不動産売却の市況をしっかりとリサーチしながら、頼れる不動産会社探しを始めましょう。

不動産売却についての
ご相談、ご依頼はこちらまで
ご相談、査定は無料です
お気軽にお問い合わせください
0120-96-4876
受付:9:30~18:30年中無休(年末年始を除く)
WEBでのお問い合わせ
24時間365日
タイトルとURLをコピーしました