【2020最新版】兵庫県伊丹市で高く不動産を売却するコツと地域情報・相場を知ろう

兵庫県伊丹市で高く不動産を売却するコツ
  • 高く不動産を売却するには相場の把握が必要不可欠
  • 兵庫県伊丹市の地価は微増
  • 人口と世帯数は微増を続けており、今後も住宅ニーズが期待できる
  • 不動産流通が活発で競合が多い。空港騒音にも注意

兵庫県伊丹市は兵庫県の東端に位置しており、大阪国際空港(伊丹空港)がある街として知られています。大阪や神戸のベッドタウンでもあり継続的に市内に人口が流入しているのが特徴で、今後も人口規模はほぼ同水準で推移していくことが予想されます。

今回は兵庫県伊丹市の不動産事情や地域特性、不動産を売却するための方法について解説していきます。

あなたの不動産を簡単60秒で無料査定!

兵庫県伊丹市の近年の変化

  • 相場は兵庫県平均より2割ほど高値で推移
  • マンションよりも戸建の方が多く流通している

伊丹市の土地相場は兵庫県全体の平均よりも高い水準で推移しています。伊丹市の相場変化は落ち着いており、2014年以降は毎年1〜2%の割合で相場が上昇している状況です。

伊丹市はマンションに比べて戸建の流通がやや多いため、売却にあたってはエリアや物件ごとに地域特性や相場を把握しておきましょう。

不動産売却の流れを把握しましょう

まずは、不動産売却の流れを把握しましょう。全体像を把握することで納得のいく金額で不動産を売却することができます。

不動産売却の流れ

Step1:相場を調べる
 ▶相場を調べるところから不動産売却は始まります。

Step2:不動産会社に査定を依頼する
 ▶保有する不動産がいくらで売却できるか不動産会社に査定してもらいます。

Step3:不動産会社と契約を締結する
 ▶査定内容に問題がない場合は契約を締結します。

Step4:不動産の売却を始める
 ▶実際に不動産を売りに出します。

Step5:売却・引き渡し
 ▶買い⼿が⾒つかれば売却の⼿続きを⾏い、不動産を引き渡します。

不動産売却の際に重要なのは、「自分の不動産はいくらで売れるのか」という相場感を把握することです。

不動産の売価をエリアの買取相場より高く設定しすぎると売れにくくなり、低く設定しすぎると自身が損をすることになります。納得のいく不動産売買を行うためには、プロのアドバイスや注意点を聞きながら売価を設定しましょう。

兵庫県伊丹市の相場を知ろう

  • 兵庫県伊丹市の平均相場は17万8,128円/㎡約1%の上昇
  • 坪単価は兵庫県の平均相場と比べて3割ほど高い
  • 住宅地は南部に集中し、人気エリアは阪急線沿線に集中している

まずは伊丹市の売却動向を簡単に掴んでいきましょう!

伊丹市の地価・不動産相場の推移

伊丹市の地価は、2018年と2019年で比べると0.99%高くなっています。2019年時点では 17万8,128円/㎡です。そこから5年前にあたる2014年と比較すると、6.24%と大幅に高くなっています。兵庫県全体と比較しても、地価は高いエリアであるといえます。

2019年時点の伊丹市の平均相場は前半期と比べ上昇しており、マンションの売却価格は1,940万円と87万円の増加です。また戸建は2,774万円と1,134万円下落しています。

また、土地は1,877万円下落した2,392万円で取引されています。土地相場が減少しているのは、流通している専有面積が83㎡減少していることが理由と考えられます。

伊丹市の売却動向や売却相場の動き

伊丹市の売却動向は、マンションと戸建の流通はほぼ同じ割合で推移しているのが特徴です。マンションの売却動向は、伊丹市平均で築年数25年、専有面積65㎡の2DK〜2LDKの物件が中心です。売却価格の相場は1,940万円で流通しています。

一方、戸建の売却動向は平均で築年数20年、専有面積は113㎡で売却価格の相場は2774万円です。伊丹市の面積は25㎢と非常に小さいながらエリアによって価格に差が大きいのが特徴となっています。

伊丹市の人気エリアは阪急伊丹駅や新伊丹、稲野といった阪急線の沿線です。狭いエリアで地価の差が大きいのが伊丹市の特徴と言えます。

参考)兵庫県伊丹市での直近の取引価格情報

中古マンションなど(駅距離基準値:10)

    専有部分面積70㎡専有部分面積75㎡専有部分面積80㎡専有部分面積85㎡専有部分面積90㎡専有部分面積95㎡専有部分面積100㎡
駅徒歩
10分以内
2,800万円2,600万円2,400万円2,200万円
駅徒歩10分以上1,600万円2,100万円2,600万円3,800万円

※2019年取引価格中央値

戸建て(駅距離基準値:15)

     専有部分面積80㎡専有部分面積85㎡専有部分面積90㎡専有部分面積95㎡専有部分面積100㎡専有部分面積105㎡専有部分面積110㎡
駅徒歩10分以内2,400万円2,500万円4,450万円4,400万円4,600万円3,800万円
駅徒歩10分以上1,550万円2,350万円2,000万円2,950万円3,500万円3,550万円4,000万円

※2019年取引価格中央値
参照:国土交通省「土地総合情報システム」

不動産価格に影響を与えそうな出来事

  • 市役所の建て替えや市内全域の道路整備計画が進んでいる
  • 生活利便性の向上による人口増加や地価の上昇に期待

伊丹市では、現在市役所の庁舎建て替えが行われています。これは市役所に隣接している千僧今池の3分の2を埋め立てる大規模な造成工事で、市役所庁舎移転後の跡地には伊丹市立保健センターを核とした複合施設を建設予定です。

また、伊丹市では2020年度から2028年度にかけて「都市計画道路推進プログラム」が進行予定です。渋滞解消やバス路線の整備による公共交通の利便性向上、駅周辺の道路整備による中心市街地の活性化を促進するのが事業の目的です。

これら、公共施設の建て替えにより生活利便性の向上が期待できます。より住みやすい街になることで人口の増加や地価の上昇が期待できるでしょう。

【売却のコツ】伊丹市の地域特性を把握し、高く売るための戦略を練ろう

  • 兵庫県伊丹市は川に囲まれた平野部にあり、市内東部に空港がある
  • 人口は徐々に増加している
  • 市内東部に鉄道網が集中しており、他の地域はバスが主な公共交通機関

地域特性を知るメリットとは?

不動産の売却を検討している場合、地域相場や不動産を魅力的に売却するノウハウを持っている担当者に任せることができますが、売出価格や内覧対応など売主として対応しなければならない場面もあります。

このような場合に地域や物件についてよく知っている売主が不動産の魅力を最大限にアピールできるような写真やキャッチコピーを作っておくことが大切です。

伊丹市は大阪国際空港(伊丹空港)を擁する空港の街として知られていますが、大阪、神戸の両方にアクセスが良いことから両市のベッドタウンでもあります。通勤利便性が高い街であり、人口が増加していることから今後も住宅ニーズが期待できる街です。

兵庫県伊丹市の地域特性・歴史や魅力

街の歴史と魅力

伊丹市は兵庫県の東端に位置し、北は川西市、東は大阪府池田市と豊中市、南に尼崎市、西を西宮市に囲まれています。市の面積は25㎢で兵庫県で最も小さく、人口密度は7,875人/㎢で県内では尼崎市に次ぐ2位です。

伊丹市は伊丹台地と呼ばれるなだらかな平地で、東を猪名川、西を武庫川に挟まれています。市内には渡り鳥の飛来する瑞ヶ池・昆陽池を始めとして各地に池が点在しています。

伊丹市は縄文土器が出土し、古くから人々が生活する地でした。江戸時代には近衛家の所領とされ、現在の市章も近衛家の家紋を拝領したデザインです。1940年に川辺郡伊丹町と稲野村が合併して伊丹市となり、1955年に今の伊丹市の市域が制定されました。

伊丹市は空港の街として成長してきましたが、1995年の阪神淡路大震災では市内の全家屋の約2割が半壊し、阪急伊丹駅が倒壊するなど甚大な被害を受けました。震災復興を機に防災対策と生活利便性を考慮したまちづくりに転換し、市域が狭い点を活かしてきめ細やかな公共施設やインフラ整備に着手しているのが特徴です。

伊丹市の人口推移

伊丹市の人口は2010年に19万5,808人、2015年は19万7,376人、2020年には19万8,238人(2020年4月1日現在)と徐々に増加しています。人口増加に比例して世帯数も増加しており、今後も住宅ニーズの増加が期待できます。

参照:伊丹市HP

伊丹市で人気のエリアは?

伊丹市内にはJR福知山線と阪急伊丹線が乗り入れており、JR福知山線は尼崎から大阪・神戸方面に、阪急伊丹線は塚口から梅田・三ノ宮方面にアクセスできます。JRや阪急線沿線が人気エリアで、特に主要駅の近くになるほど地価が上昇します。

また、市営バスが市内の主要エリアを網羅しており、一部の市バスは隣接自治体の尼崎市にまで乗り入れています。このバス沿線も大阪・神戸方面へのアクセスが比較的良好なことから人気のエリアです。

伊丹市で不動産売却をおこなう際のポイント・注意点

  • 市内全域が空港の近くの立地なので、購入希望者への説明が必要
  • 中古物件の売買が活発で、競合よりも魅力的に物件をPRする工夫が必要

ポイント・注意点1

伊丹市は市の東部に大阪国際空港があるため、市内全域で航空機の離発着の騒音が発生します。発着時間は午前7時から午後9時までの14時間なので、日中に家にいる人は日常的に飛行機の騒音を耳にすることになります。

空港設備や機体には騒音対策が施されていますが、他の地域に比べると大きな騒音が発生するのは間違いないので、売却の際にも購入希望者に説明が必要です。

どれだけの大きさの騒音を不快に感じるかは人によって異なるため、内覧時、実際に購入希望者に音を確認してもらったり、飛行機の音を録音しておくなど騒音の大きさがイメージできるように準備しておきましょう。

ポイント・注意点2

伊丹市の空き家率は兵庫県平均に比べると低く、2013年から2018年の5年間で2.54%減少しています。空き家率が減少している地域は不動産の売買が活発に行われているため、不動産売却の競合が多い地域といえます。

市内で売りに出ている物件が多いので、多くの競合物件の中で不動産を売却するためにしっかりと販売戦略を持つことが大切です。不動産相場を把握し、地域や物件のPRポイントを把握して物件の魅力を伝えることで、競合物件よりも高い金額で売却できるように工夫していきましょう。

まとめ

本記事では、不動産売却の基本的な流れと、伊丹市での不動産売却に役立つ相場情報や地価推移、街の特徴などを紹介しました。

  • 生活利便性の向上による人口増加や地価の上昇に期待
  • 伊丹市は川に囲まれた平野部にあり、市内東部に空港がある
  • 市内全域が空港の近くの立地なので、購入希望者への説明が必要
  • 高く売るためには信頼できる不動産会社探しが大事

不動産を高く売るためには、エリアに対してどんな購入層が考えられるのか、地域特性と相場を把握し戦略を練る必要があります。その際、信頼できる不動産会社からのサポートは欠かせません。

伊丹市で不動産売却をお考えの方は、該当エリアの不動産売却状況をリサーチした上で、あなたの希望に寄り添ってくれる不動産会社探しを始めましょう。

不動産売却についての
ご相談、ご依頼はこちらまで
ご相談、査定は無料です
お気軽にお問い合わせください
0120-96-4876
受付:9:30~18:30年中無休(年末年始を除く)
WEBでのお問い合わせ
24時間365日
タイトルとURLをコピーしました