【2020最新版】大阪市平野区で高く不動産を売却するコツと地域情報・相場を知ろう

大阪市平野区で高く不動産を売却するコツ
  • 高く不動産を売却するには相場の把握が必要不可欠
  • 大阪市平野区の地価は大阪府の中では高め
  • 大阪市平野区は人口は減少、世帯数は増加しているため不動産需要が期待できる

大阪市平野区といえば、利便性も良く大阪市内で最も人口が多い地域です。街並みは古く、どこか懐かしい下町情緒の残るノスタルジックな印象。歴史的な背景を大事にしようと区民が主体となって、定期的に子どもたちに昔の映像を見せたり遊びを教えたりと、世代を超えての交流も盛んです。

大阪府内では地価の高い地域です。駅周辺には生活インフラが整っており、谷町線を利用すれば梅田まで乗り換えなしの利便性の良さから、子育て世代から単身者まで幅広い世代に人気のある場所です。

ここでは、大阪市平野区の不動産事情や地域特性、不動産を売るときにオススメの方法まで紹介していきます。

あなたの不動産を簡単60秒で無料査定!

大阪市平野区の近年の変化 

平野区近年の変化
  • 喜連・瓜破・長吉では区画整理や住宅形成で活気がある
  • 地価はやや上昇。変化途中の街であるため、今後に期待できる

大阪市平野区では、近年区画整理や都市開発が進んでいます。喜連地域は、旧集落と新興住宅地で構成されており、市営住宅や公営住宅の多い地域です。老朽化に伴い、カラフルに建て替えられ、高層住宅も増え始めています。また、都市計画道路平野瓜破線が整備中で、街の様相は今後さらに変化していくでしょう。

瓜破地域では、市営住宅や府営住宅が新たに建設されています。さらに長吉地域では、土地区画整理事業が行われるなど、平野区内でも特に変化が著しい街です。

2020年の大阪市平野区の公示地価は17万6,300円と発表されています。前年からの変動比は0.1%増。値上がりを続けているので、今後にも期待できるでしょう。

不動産売却の流れを把握しましょう

不動産売却の流れ

まずは、不動産売却の流れを把握しましょう。全体像を把握することで納得の行く金額で不動産を売却することができます。

不動産売却の流れ

Step1:相場を調べる
 ▶相場を調べるところから不動産売却は始まります。

Step2:不動産会社に査定を依頼する
 ▶保有する不動産がいくらで売却できるか不動産会社に査定してもらいます。

Step3:不動産会社と契約を締結する
 ▶査定内容に問題がない場合は契約を締結します。

Step4:不動産の売却を始める
 ▶実際に不動産を売りに出します。

Step5:売却・引き渡し
 ▶買い手が見つかれば売却の手続きを行い、不動産を引き渡します。

不動産売却の際に重要なのは、「自分の不動産はいくらで売れるのか」という相場感を把握することです。

不動産の売価をエリアの売買相場より高く設定しすぎると売れにくくなり、低く設定しすぎると自身が損をすることになります。納得のいく不動産売買を行うためには、プロのアドバイスや注意点を聞きながら売価を設定しましょう。

大阪市平野区の相場を知ろう

平野区の相場
  • 大阪市平野区の地価は、やや上昇傾向
  • 大阪府全体でみると大阪市平野区は地価は高め

まずは大阪市平野区の売却動向を簡単に掴んでいきましょう!

大阪市平野区の地価・不動産相場の推移

大阪市平野区の地価は、2019年と2020年で比べると0.1%上昇しています。2020年時点では18万1,840円/㎡です。2年前と比較すると0.5%の上昇。大阪府全体で見ると大阪市平野区の地価は高めです。

大阪市平野区における不動産の売却相場ですが、マンションにおいては2019年前半・後半ではほぼ横ばい。戸建てについては、200万円減となっています。土地については大幅ダウンの2,605万円減です。

戸建てと土地については不況が見られるので、すぐに売りに出すか、再度値が上がるのを待ってから売りに出すか戦略の練りどころでしょう。

大阪市平野区の売却動向や売却相場の動き

大阪市平野区の2019年における不動産取引件数は264件、2018年は225件でしたので、12.8%増加しました。

平野区は昔ながらの住宅街もありますが、町工場が多いため、マンションも多く建設されています。高齢者の多い街でもありますが、小学校や中学校などの教育機関や公園も程よい距離にあるため、ファミリー層も多く見かける街です。

子育て環境が整っていることや交通の便が良いことから不動産需要は一定数見込めますが、今後、一部地域の区画整理などで、さらに注目を浴びる可能性もあるので、お持ちの不動産によっては少し寝かせてから売りに出すと高値で売れるもしれません。

参考)大阪市平野区での直近の取引価格情報

中古マンションなど(駅距離基準値:10)

駅徒歩
10分以内
駅徒歩
10分以上
70㎡2,600万円1,400万円
75㎡1,800万円1,650万円
80㎡3,100万円
85㎡
90㎡3,000万円
95㎡
100㎡1,900万円

※2019年取引価格中央値

戸建て(駅距離基準値:15)

駅徒歩
15分以内
駅徒歩
15分以上
80㎡2,400万円
85㎡1,295万円1,500万円
90㎡3,300万円2,300万円
95㎡3,100万円3,400万円
100㎡3,700万円3,100万円
105㎡3,300万円
110㎡3,400万円

※2019年取引価格中央値

不動産価格に影響を与えそうな出来事

不動産価格への影響
  • 喜連、瓜破、長吉地域で都市計画や区画整理、住宅整備が進んでいる
  • 大阪市平野区で不動産売却をするなら早めに動き出した方がよい

大阪市平野区の人口はほぼ横ばいですが減少傾向にあり、世帯は微増。高齢化に伴いさらなる人口減が予想されますが、平野区の中でも喜連、瓜破、長吉地域では都市計画や区画整理、住宅整備を進めており、若い世代を取り込もうとしています。そのため、今後は不動産需要が増加する傾向にあると言えるでしょう。

しかし、高齢化が進むと空き家が増えます。古い物件はそのまま利用することはないので、宅地にして売り出す可能性も。そのため、土地を持っている人や戸建ての中古物件をお持ちの方は、早めに売ってしまうことを検討しましょう。

【売却のコツ】大阪市平野区の地域特性を把握し、高く売るための戦略を練ろう

平野区の地域特性
  • 不動産を売るときには、地域特性に合わせた販売戦略が必要
  • 大阪市平野区の人口は減少・世帯は微増
  • 下町風情の残る住宅街で世代を問わず住みやすい

地域特性を知るメリットとは?

不動産を売る際は、地域の事情に詳しい不動産会社の専門家に任せたいという人も多いでしょう。売却を成功させるためには任せきりにせず、自分も一緒に考えることが大切です。

不動産はただ待っているだけで売れるものではありません。買い手になりそうな人の特徴を分析し、どのような手段を講じれば高く買ってもらえるかなど、不動産会社とともに戦略を立てることが重要です。地域特性を把握しながらそれに基づいた戦略を立てることが、より早く、高い価格での売却を成功させるポイントになります。

大阪市平野区の人口は微妙な減少傾向に見られます。反面、世帯数もほぼ横ばいですが増加しているため、住宅需要がないとは言えません。ただ、需要と供給の兼ね合いもあるので、他の不動産よりも優位に立てるよう、お持ちの不動産を魅力的に見せるための販売戦略は欠かせません。不動産会社の担当者とよく相談しながら、どんな層がターゲットとなるかを考えてみましょう。

大阪市平野区の地域特性・歴史や魅力

街の歴史と魅力

大阪市平野区は、戦国時代に作られた環濠跡や町割りも江戸初期当時のまま、昔ながらの下町風情のある街です。区内には杭全神社や末吉邸、地区内には自宅や職場を解放したミニ博物館など歴史を感じる建造物が数多く残っています。

また、「大念佛寺の万部おねり」や「御田植神事」などの伝統行事を後世に繋ぐために、区民主体となって「平野の街づくりを考える会」を1980年に発足。現在では、祭り以外にお寺や博物館で子どもたちと昔ながらの遊びを楽しむなど、世代を超えた交流を計っています。

かつての平野郷領主である坂上田村麻呂の末裔、末吉氏が国内外へ商業活動を広めたことにより、平野区は大阪の中でも最も早く商業が発展した街です。末吉氏は、豊臣秀吉の時代には朱印状を賜り、国内の廻船問屋、廻船業を営み、京都の伏見に銀座を開設。

徳川家康の時代にも朱印状を賜り、海外で朱印船貿易をスタートさせています。その後は南蛮貿易を発展させ、国内からは銅、スズ、刀を輸出。外国からは砂糖類や香料、生糸を輸入していました。

さらに、末吉氏は非常に良質な綿花が取れたため、後の大日本紡績の前身となる平野紡績を立ち上げ、大阪を大変繁盛させました。現在、平野区の中でも加美地域は工場が多く、平野地域は公共施設や商店街などで利便性が良いなど平野区の中でも特色が分かれる特徴的な街です。

大阪市平野区の人口推移

大阪市平野区の人口は2018年は19万2,895人、2017年には19万3,925人と1,030人減少となっています。減少率は0.5%減でほぼ横ばい。この数字は大阪市で比較すると最も減少率が低く、また、人口は大阪市で最も多い数字です。

世帯数は2018年は9万1,178世帯でした。前年の9万536世帯と比較すると642世帯(0.7%)増加しました。

大阪市平野区は人口は減っていますが、世帯数が増えています。大阪市全体を見てみても、人口はほぼ横ばい、世帯数はわずかに上昇傾向です。このことから、大阪市平野区は不動産需要が高まっていると考えられるでしょう。

大阪市平野区で人気のエリアは?

大阪市平野区で人気なのは長原駅周辺です。駅前にはコンビニやスーパーがあり、小中学校や幼児施設、飲食店や病院など生活インフラや教育機関が揃っているため、世代を問わず住みやすい街として知られています。

また、長原駅には谷町線が通っており、天王寺や梅田に乗り換えなしで行けるため利便性も抜群です。家賃も比較的安いエリアであるため単身者にも選ばれています。駅周辺には居酒屋やスーパーなどが多数点在していますが、少し入れば閑静な住宅街が広がっているため、長原駅周辺であれば便利で静かな生活を送れるでしょう。

大阪市平野区で不動産売却をおこなう際のポイント・注意点

不動産売却のポイント
  • 市営や府営住宅が次々に建設されているのでマンション売買は厳しい
  • 子育て世代から一定の需要あり。中古物件は築年数によってはリノベーションも視野に

ポイント・注意点

大阪市平野区の一部地域では区画整理、都市計画など賑わいをみせていますが、それに伴い、市営住宅や府営住宅の需要も高まっています。建て替えを行ったり、新たに建設したりと、お持ちの不動産がマンションであった場合は不利な状況と言えるでしょう。

ただ、お持ちのマンションと市営・府営住宅を比べてメリットを明確にするなど戦略を良く練って売り出せば高値で売れる可能性も捨てきれません。地域特性を把握して不動産会社と納得いくまで作戦会議を重ねましょう。

ポイント・注意点

大阪市には989箇所公園がありますが、その内67箇所は平野区にあります。大阪市内で2番目に公園が多いことを示しており、平野区が子育て世代に選ばれる要因の一つです。

また、住宅街や団地が多く、子どもが住みやすい街づくりに力を入れているため、治安も改善されてきています。このことから子育て世代の流入に期待が持てるため、土地や中古物件の売却の可能性も高まるでしょう。

まとめ

不動産売却の基本的な流れ

本記事では、不動産売却の基本的な流れと、大阪市平野区での不動産売却に役立つ相場情報や地価推移、街の特徴や魅力について紹介しました。

  • 大阪市平野区の地価は、ほぼ横ばい
  • 大阪市平野区は人口は微妙に減少・世帯数は微増
  • 高く売るためには信頼できる不動産会社探しが大事

不動産を高く売るためには、地域特性と相場を把握した上での戦略と、信頼できる不動産会社からの協力が必要不可欠です。大阪市平野区での不動産売却をお考えの方は、大阪市平野区の不動産売却の市況を細かくリサーチしながら、パートナーとなる不動産会社探しを始めましょう。

いい不動産では、地元で評価の高い不動産会社1社のみをご紹介しております。一括査定サイトのように、複数の不動産会社から営業の電話が来ることはありません。
※一括査定はあくまで査定額を出すのみで、実際に売れる価格とは違います。どこの不動産会社を利用したとしても、売り出し価格は売主様が決めるものなので、査定額で不動産会社を決めることに大きな意味はありません。

不動産売却についての
ご相談、ご依頼はこちらまで
ご相談、査定は無料です
お気軽にお問い合わせください
0120-96-4876
受付:9:30~18:30年中無休(年末年始を除く)
WEBでのお問い合わせ
24時間365日
タイトルとURLをコピーしました