【2020最新版】京都市右京区で高く不動産を売却するコツと地域情報・相場を知ろう

京都市右京区で高く不動産を売却するコツと地域情報・相場
  • 高く不動産を売却するには相場の把握が必要不可欠
  • 京都市右京区の地価は上昇傾向にある
  • 住みやすいエリアで高く売れる要素がある
  • 不動産の需要は高い傾向にある

京都市右京区は京都市を構成する11区のひとつで、市の北西部にある地域です。竜安寺や仁和寺など、京都市内では最も多くの世界文化遺産があるのが特徴。

歴史的・文化的な観光名所があるだけでなく美しい自然も多く、太秦や嵯峨・嵐山など各地に景勝地や観光地が点在しています。桜や紅葉の季節には世界各地から観光客が訪れるなど、賑わいが絶えません。

一方で、宕陰や水尾など緑豊かな山里や、太秦や西院など活気のあるオフィス街、学生街もあり、さまざまな特色を持つエリアが集まっている地域です。この記事では、そんな京都市右京区における不動産売却に役立つ地域特性の詳細や、不動産を売却する際におすすめの方法について紹介していきます。

あなたの不動産を簡単60秒で無料査定!

京都市右京区の不動産動向

京都市右京区の不動産動向
  • 右京区の地価は京都府全体では低め
  • 交通の便が良いエリアは地価が高い

京都市右京区は京都府全体と比較して地価が低めです。土地の価格は2014年以降毎年上昇しており、2020年の土地価格は平均18.0万円/㎡で、前年の17.7万円/㎡と比較してわずかながら増加しています。

最も高いのは西京極で、地価は25.2万円/㎡ 。次いで交通の便が良い西院周辺が高い地価となっています。

不動産売却の流れを把握しましょう

不動産売却の流れを把握しましょう

まずは、不動産売却の流れを把握しましょう。全体像を把握することで納得のいく金額で不動産を売却することができます。

不動産売却の流れ

Step1:相場を調べる
 ▶相場を調べるところから不動産売却は始まります。

Step2:不動産会社に査定を依頼する
 ▶保有する不動産がいくらで売却できるか不動産会社に査定してもらいます。

Step3:不動産会社と契約を締結する
 ▶査定内容に問題がない場合は契約を締結します。

Step4:不動産の売却を始める
 ▶実際に不動産を売りに出します。

Step5:売却・引き渡し
 ▶買い手が見つかれば売却の手続きを行い、不動産を引き渡します。

不動産売却の際に重要なのは、「自分の不動産はいくらで売れるのか」という相場感を把握することです。

不動産の売価をエリアの売買相場より高く設定しすぎると売れにくくなり、低く設定しすぎると自身が損をすることになります。納得のいく不動産売買を行うためには、プロのアドバイスや注意点を聞きながら売価を設定しましょう。

京都市右京区の相場を知ろう

京都市右京区の相場を知ろう
  • 一戸建ての売却額が増えている
  • 取引件数は全体に減少傾向にある
  • 不動産の需要は増えている

まずは京都市右京区の売却動向を簡単に掴んでいきましょう!

京都市右京区の地価・不動産相場の推移 

京都市右京区の地価は、2020年では18.0万円/㎡です。上昇しているものの上昇率は低めで、ほぼ横ばいの状況が続いています。京都府全体と比較するとやや低い地価で、この傾向は今後も続くと予想されるでしょう。

2019年下半期(7月~12月)時点の不動産価格と、上半期(1月~6月)と比較すると、一戸建ては上昇しているものの、マンション、土地の売却価格は下落しています。

保有している不動産がマンションか土地の場合は再度上がるタイミングを待つか、逆に早めの売却を検討するのもひとつの方法です。ただし、これらの変動には、不動産の占有面積や築年数も影響している可能性もあります。

京都市右京区の売却動向や売却相場の動き

京都市右京区の地価はやや上昇傾向にあります。実際の不動産の取引価格ではマンション、土地は下落し、一戸建てが上昇していますが、専有面積や築年数の影響も考えると、ここ数年の不動産価格は安定しています。また京都市右京区は人口、世帯数ともにゆるやかな増加傾向にあり、住宅需要は増えていると考えられます。

さらに、京都市右京区の2018年の空き家率は11.3%で(平成30年 住宅・土地統計調査)、京都府全体と比較しても低い状態をキープ。この点でも不動産を売りやすい状況と言えるでしょう。

参考)京都市右京区での直近の取引価格情報

中古マンションなど(駅距離基準値:10)

駅徒歩
10分以内
駅徒歩
10分以上
70㎡2,650万円3,200万円
75㎡3,500万円
80㎡3,050万円
85㎡3,450万円
90㎡
95㎡2,500万円
100㎡3,450万円

※2019年取引価格中央値

戸建て(駅距離基準値:15)

駅徒歩
15分以内
駅徒歩
15分以上
80㎡2,300万円1,400万円
85㎡3,100万円2,700万円
90㎡3,300万円
95㎡2,600万円
100㎡3,550万円3,700万円
105㎡2,000万円
110㎡

※2019年取引価格中央値

不動産価格に影響を与えそうな出来事

不動産価格に影響を与えそうな出来事
  • 積極的なまちづくりへの取り組み
  • 地域のまちづくりを支援する「右京区まちづくり支援制度」を実施
  • 京都市右京区は子育てのサポート体制が充実している

京都市右京区では地域住民による自発的なまちづくり活動を資金面や広報などで支援する「右京区まちづくり支援制度」を実施しています。

また、団体同士の交流会やまちづくりを担う各種団体・企業などが参加する「右京区まちづくり区民会議」など、団体同士をつなぐ場を提供。魅力あるまちづくりのために積極的な活動が行われています。

そのほかにも、区役所や各支所には子育ての悩みを相談できる「右京区子どもはぐくみ室」を設置。子育てに関する相談ができるだけでなく、医療費助成やひとり親家庭支援などの手続きやカウンセリングなど、子育てを全面的にサポートする体制を整えています。

京都市右京区の保育所や認定こども園、幼稚園など子どもを預かる施設の数は京都府でトップ。ショートステイやトワイライトステイなど、一時的に子どもを預かる事業も展開されています。これから新しい住まいで子どもを産み、育てようと考えている若い夫婦には魅力的な地域と言えるでしょう。

【売却のコツ】京都市右京区の地域特性を把握し、高く売るための戦略を練ろう

京都市右京区の地域特性を把握し、高く売るための戦略を練ろう
  • 不動産の魅力を最大限にアピールすることが大切
  • 駅から離れたエリアは、ほかにセールスポイントを考える必要がある
  • 太秦、西院のような利便性の高いエリアが人気

地域特性を知るメリットとは?

不動産を売る際は、地域の事情に詳しい不動産会社の専門家に任せたいという人も多いでしょう。売却を成功させるためには任せきりにせず、自分も一緒に考えることが大切です。

不動産はただ待っているだけで売れるものではありません。買い手になりそうな人の特徴を分析し、どのような手段を講じれば高く買ってもらえるかなど、不動産会社とともに戦略を立てることが重要です。地域特性を把握しながらそれに基づいた戦略を立てることが、より早く、高い価格での売却を成功させるポイントになります。

京都市右京区の場合、地価は上昇傾向にはあるもののほぼ横ばいです。また、近郊など人気エリアから外れると地価の上昇率は低くなるため、他の魅力的な不動産との競争に勝ち抜くためにも販売戦略は重要です。

地域特性を分析し、どんな層がターゲットとなるかを考えてみましょう。地元に詳しい専門家である不動産会社の担当者ともよく相談して戦略を練ることをおすすめします。

京都市右京区の地域特性・歴史や魅力

街の歴史と魅力

京都市右京区の歴史は古く、飛鳥時代に中国から渡ってきた秦氏が広隆寺を建立、右京区を拠点に活躍していたとされています。桂川に沿って広がる右京区南部にある嵐山や小倉山はかつて天皇や貴族の別荘地として栄え、現在は静かな住宅地が佇むエリアです。

現在でも、広隆寺の弥勒菩薩像をはじめとする数多くの国宝が残されています。世界文化遺産としては枯山水庭園で有名な龍安寺をはじめ、春に「御室桜」が楽しめる仁和寺、後醍醐天皇ゆかりの禅寺である天龍寺など、数多くの歴史的建造物が指定されているのが特徴です。

京都市右京区の人口推移

京都市右京区の人口は、2015年には20万4,262人、 前回調査のあった2010年では20万2,943人で、 比較すると1,319人増えています。

また、世帯数は9万4,525世帯で、 前回調査のあった2010年の9万808世帯と比較すると、3,717(4.09%)増えている状況です。人口も世帯数も増え続けており、住宅需要は高い傾向があると言えるでしょう。

京都市右京区で人気のエリアは?

京都市右京区は京都市の北西部に位置し、市で最大の面積をもつ地域です。世界有数の先端企業が建ち並ぶオフィス街がある一方、宕陰(とういん)や水尾、高尾など豊かな自然が広がっていたりなど、さまざまな魅力を併せ持っています。

特に人気の地域は太秦、西院、嵐山周辺です。太秦周辺は観光地として「太秦映画村」が有名ですが、周囲には閑静な住宅街が広がり、国宝の弥勒菩薩像が鎮座する広隆寺もあるなど、自然と歴史が共存しています。

最寄り駅は地下鉄東西線の始発駅「太秦天神川駅」で、京都の中心エリア「烏丸御池」駅までは約8分とアクセスの良さが魅力です。始発駅なので通勤時に座れるのも嬉しいポイント。阪急や嵐電への乗り換えも便利です。

「太秦天神川」駅が2008年に開業されたことに伴い、駅周辺では大規模な再開発が行われています。複合施設やスーパーなどが多く、区役所や図書館、病院が駅近くにあり便利です。駅前の道路も整備され、ベビーカーやお年寄りも通行しやすくなっています。

西院かつて平安宮廷文化が栄えた街でもあり、西院春日神社など歴史の面影が残されているのが魅力です。現在は駅周辺が商業施設で賑わい、活気のある街並み。企業や大学が多く、ビジネスマンや学生が多いのが特徴です。

しかし、駅から少し離れると昔ながらの住宅街が広がり、静かで住みやすい環境が広がっています。最寄駅は阪急京都線と嵐電嵐山本線の「西院」駅のほか、多くの路線バスが発着。交通の便が充実している地域でもあります。

景勝地として有名な嵐山は、高級住宅街として住み良い住環境です。観光の中心地から少し離れると閑静な街並みが広がっています。鉄道も阪急嵐山線やJR嵯峨野線、嵐電嵐山線が利用でき、アクセス良好。美しい景色に囲まれたワンランク上の暮らしがしたい方におすすめのエリアです。

京都市右京区で不動産売却をおこなう際のポイント・注意点

京都市右京区で不動産売却をおこなう際のポイント・注意点
  • 能力の高い不動産会社を選ぶことがポイント
  • 上昇率の低い地域は積極的なアピールなどの戦略が必要

ポイント・注意点1

より高い価格で不動産を売却するためには、不動産会社選びが大切なポイントになります。京都市全体の不動産会社の店舗数は3,700件以上と多く、京都市右京区も不動産会社がかなり多い地域です。数多い不動産会社の中から、不動産の価値を正しく評価して適切な購入者を探してくれる会社を選ぶことが必要になるでしょう。

能力の高い不動産会社を見つけるためには、不動産売買の実績だけでなく、必要な情報をすばやく提供してくれる対応力の有無も見極める必要があります。不動産会社の情報収集は十分行い、担当者の対応などもしっかりチェックして、最適な不動産会社を選ぶようにしましょう。

ポイント・注意点2

京都市右京区の地価はわずかながら上昇傾向にあり、人口・世帯数ともに増え続けています。空き家率も減少していることから、住宅需要は増えている状況です。とはいえ、人気エリアと近郊とでは上昇率に開きがあり、売りたい不動産のエリアによっては、その魅力をより積極的にアピールする必要があるでしょう。

まとめ

まとめ

本記事では、京都市右京区における不動産売却の基本的な流れと、街の特徴や魅力、不動産売却における地域特性、不動産売却に役立つ情報について紹介しました。

  • 京都市右京区は売りやすい傾向にある
  • 住みやすい環境で、高く売れる要素が多い
  • 高く売るためには信頼できる不動産会社探しが大事

不動産を高く売るためには、京都市右京区の不動産売却における市況や相場を把握した上で、信頼できる不動産会社を見つけることが大切です。不動産の持ち主として不動産会社と協力し、積極的にアピールすることも欠かせません。

京都市右京区での不動産売却をお考えの方は、地域の特性をしっかり分析しながら、パートナーとなる不動産会社探しを行いましょう。

不動産売却についての
ご相談、ご依頼はこちらまで
ご相談、査定は無料です
お気軽にお問い合わせください
0120-96-4876
受付:9:30~18:30年中無休(年末年始を除く)
WEBでのお問い合わせ
24時間365日
タイトルとURLをコピーしました