【2020最新版】神奈川県厚木市で高く不動産を売却するコツと地域情報・相場を知ろう

神奈川県厚木市で高く不動産を売却するコツと地域情報・相場
  • 高く不動産を売却するには相場の把握が必要不可欠
  • 本厚木駅周辺の再開発により厚木市に注目が集まっている
  • 厚木市の不動産取引価格は2019年で上昇している
  • 駅近物件は希少価値が高いが新築マンションがライバルになる

神奈川県厚木市といえば、毎年夏に大勢の人で賑わう「あつぎ鮎まつり」や、「厚木パーキングエリア」を連想する人が多いでしょう。

神奈川県厚木市は、神奈川県のほぼ中央に位置します。小田急線を使えば、新宿方面・小田原方面のどちらへもアクセス良好。最近は東名高速道路厚木インターチェンジが開設されたことにより、首都圏南西部の要衝となりました。

そんな神奈川県厚木市では、近年本厚木駅周辺の開発が進行中。今では、神奈川県で唯一、昼間人口が夜間人口を上回る賑わいの都市となったのです。

再開発が進み、都市部へのアクセスが良いだけではなく、市内から見える大山など、自然の魅力も持つ神奈川県厚木市。ここでは、神奈川県厚木市の不動産事情や地域特性、不動産を売るときにオススメの方法まで紹介していきます。

あなたの不動産を簡単60秒で無料査定!

神奈川県厚木市のトピック

  • 神奈川県厚木市では本厚木駅周辺の再開発が現在進行中
  • 駅近くには地上22階・地下2階建てのタワーマンションの建築中
  • 人気が上昇している本厚木駅は駅は乗降客数が小田急線で第5位

神奈川県厚木市の中心とも言える、小田急線本厚木駅は1日あたりの乗降客数が15万4,698人で、小田急線沿線の中で5番目に多い数字です。現在、その本厚木駅周辺の再開発が進行しています。

まず、駅から近いところでは地上22階・地下2階建てのタワーマンション「ザ・パークハウス本厚木タワー」の建築が進んでおり、商業施設やクリニックなども入る予定です。さらに、道路の整備も進んでおり、バスセンターを含めた道路整備や、駅近くの駐輪場増設なども計画されています。

不動産売却の流れを把握しましょう

まずは、不動産売却の流れを把握しましょう。全体像を把握することで納得の行く金額で不動産を売却することができます。

不動産売却の流れ

Step1︓相場を調べる
▶相場を調べるところから不動産売却は始まります。

Step2︓不動産会社に査定を依頼する
▶保有する不動産がいくらで売却できるか不動産会社に査定してもらいます。

Step3︓不動産会社と契約を締結する
▶査定内容に問題がない場合は契約を締結します。

Step4︓不動産の売却を始める
▶実際に不動産を売りに出します。

Step5︓売却・引き渡し
▶買い⼿が⾒つかれば売却の⼿続きを⾏い、不動産を引き渡します。

不動産売却の際に重要なのは、「自分の不動産はいくらで売れるのか」という相場感を把握することです。不動産の売価をエリアの売買相場より高く設定しすぎると売れにくくなり、低く設定しすぎると自身が損をすることになります。納得のいく不動産売買を行うためには、プロのアドバイスや注意点を聞きながら売価を設定しましょう。

神奈川県厚木市の相場を知ろう

  • 神奈川県厚木市の全体的な不動産相場は1年間でわずかに下降
  • 神奈川県厚木市の坪単価は減少傾向だが、不動産全体の平均取引価格は上昇
  • 不動産全体の取引件数は減少したが、厚木駅周辺の中古マンションは増加

まずは神奈川県厚木市の売却動向を簡単に掴んでいきましょう!

神奈川県厚木市の地価・不動産相場の推移

神奈川県厚木市の地価は、1年前と比較して下落しました。2018年の平均坪単価は1年前と比較すると5.5%ほど下落しています。ただし、住宅地の減少率はそこまで大きくなく、農地や林地などの下落幅が大きい傾向があります。土地の坪単価は下落していますが、平均取引価格は15.5%上昇という結果になりました。

2019年1年間において神奈川県厚木市で取引された不動産の平均取引価格もわずかですが下落傾向にあり、全体としては2.8%平均取引価格が下がりました。

神奈川県厚木市で取引されている土地の件数は、1年間で156件から113件へ減少しました。売却が進み、流通している物件が減った可能性が考えられます。厚木市で土地の取引が多いのは厚木市三田地区、三田南地区、金田地区です。

なお、神奈川県厚木市で取引されている土地は、駅徒歩15分以内の物件は希少で、2019年においては全体の約9.7%でした。多くは駅から徒歩15分を超える物件です。駅近くの土地は希少価値が高いので、高く売れる可能性もあります。数字を見ると微減傾向にある神奈川県厚木市の不動産相場、一戸建てや中古マンションなどの不動産を所有している場合は、再度上がるのを待つか、早いうちに売却するとよいでしょう。

神奈川県厚木市の売却動向や売却相場の動き

不動産の取引件数は、2018年の461件と比較すると、2019年は375件で86件ほど減少しています。なかでも土地・一戸建ての減少が大きい傾向です。反対に取引件数が増えているのは中古マンションです。2018年が86件だったのに対し、2019年は102件と16件増加しています。なかでも増えているのは本厚木駅周辺と愛甲石田駅周辺です。

本厚木駅周辺の再開発はまだ完成しておらず、今後は南口だけでなく北口の開発も進む予定です。また、小田急線沿線のダイヤ改正や複数駅の再開発などにより、同沿線にある本厚木駅・愛甲石田駅の不動産への注目も高まることが期待されます。

参考)神奈川県厚木市での直近の取引価格情報

中古マンションなど(駅距離基準値:10)

専有部分面積70㎡専有部分面積75㎡専有部分面積80㎡専有部分面積85㎡専有部分面積90㎡専有部分面積95㎡専有部分面積100㎡
10分以内1,700万円1,900万円3,900万円3,200万円
10分超え1,200万円390万円165万円950万円760万円

※2019年取引価格中央値

戸建て(駅距離基準値:15)

専有部分面積80㎡専有部分面積85㎡専有部分面積90㎡専有部分面積95㎡専有部分面積100㎡専有部分面積105㎡専有部分面積110㎡
10分以内1,700万円1,900万円3,900万円3,200万円
10分超え1,200万円390万円165万円950万円760万円

※2019年取引価格中央値

神奈川県厚木市の不動産価格に影響を与えそうな出来事

  • 本厚木駅周辺は再開発が進み、新築マンションの建築が続いている
  • 駅近くには子どもの学びの場となる複合施設の建設や、道路の整備も予定されており、注目が集まっている
  • 新築分譲マンションは価格が高いため、中古不動産への流入が期待できる

神奈川県厚木市の本厚木駅周辺の再開発により、新築マンションが一気に増えました。本厚木駅南口には地上22階・地下2階建ての新築分譲マンションが建築され、163世帯が入居予定です。その他にも、地上19階・全134世帯が入居するマンションなど、次々と新築分譲マンションの建築が予定されています。

さらに、駅周辺にはプラネタリウムや実験施設を備えた「こども未来館(仮称)」や図書館を含む複合施設の建設が計画中。バス・タクシー・電車をスムーズにつなぐ道路整備や駐輪場の増設も予定されており、幅広い世代にとって住みやすい街に進化していくことが期待されます。

本厚木駅周辺の再開発により注目が集まる厚木市ですが、新築分譲マンションは価格が高いため、手頃感のある中古マンションや中古戸建てを希望する人が増える可能性があるでしょう。

【売却のコツ】神奈川県厚木市の地域特性を把握し、高く売るための戦略を練ろう

  • 厚木市は人気エリアのため販売戦略が重要
  • 厚木市は共働き世帯や子育て世帯にも手厚い街
  • 人口は横ばいだが単身世帯や夫婦世帯が増加傾向

地域特性を知るメリットとは?

不動産を売るときには、戦略が必要です。不動産売却において大切なことの1つは、その戦略を、仲介を依頼する不動産会社に任せっぱなしにするのではなく、売主も一緒に考えることです。なぜならば、実際に所有していた売主であるあなたは、不動産や地域のことをよく知っている可能性が高いからです。

不動産がある地域の特性や人気エリアの知見は、購入ターゲットを探し出すことで深まります。不動産売却をおこなう際、ポータルサイトやチラシに情報を掲載する場合はキャッチコピーを練るなどして特徴を伝えることが重要。そのため、住み慣れた地域であっても、地域特性は改めて知っておく必要があるでしょう。これが、早く・高く売却するための近道です。

特に神奈川県厚木市の場合、再開発が進む人気エリアなので家を売る環境は競争的であるとも考えられます。他の魅力的な家を出し抜いて所有の不動産を購入してもらうためにも、販売戦略は重要です。地域の特徴から、購入したい人はどんな人か考えてみましょう。

ただし、絶対的な答えはありません。詳しくは地元に詳しいプロである不動産会社の担当者と相談することをおすすめします。

神奈川県厚木市の地域特性・歴史や魅力

街の歴史と魅力

1878年(明治11年)、郡区町村編制法施行により、厚木町に役所が設置されました。1923年(大正12年)に関東大震災によって大きな被害を受けた厚木町一帯ですが、これを期に街並みが一新していきます。1923年(昭和2年)に小田急線の新宿・小田原間が開通。1963年(昭和43年)には東名高速道路厚木ICが開設され、厚木市は首都圏南西部の交通要衝と発展を遂げたです。

そんな神奈川県厚木市は、「日経DUAL 共働き子育てしやすい街ランキング2019」にて全国9位にランクイン(※)しました。その理由のひとつとしては、厚木市の手厚い子育て支援策にあります。

参照:厚木市公式ホームページ

神奈川県厚木市は、子どもの健康保険適用医療が中学生まで無料です。神奈川県内には、医療費助成が小学生までの自治体もありますが、厚木市は所得に関係なく中学生まで助成金が支給されるのです。また、2人目以降の子どもを育てる家庭には、紙おむつやおしりふきシートなどを自宅へ配送する支援事業も。

全国的にみても子育て世帯に手厚い自治体といえるでしょう。自転車ヘルメットの購入費も助成があり、保育園送迎などで電動自転車を使う共働き世帯へのサポートも充実しているのも魅力です。

保育園の待機児童についても、認可保育園の整備や保育士確保を推進したことにより、2019年(平成31年)4月時点では1人のみとなっています。

神奈川県厚木市の人口推移

神奈川県厚木市の人口は、2008年には22万6,059人、2018年には22万5,204人で、 ほぼ横ばいの数字です。一方、2018年の世帯数は9万9,336世帯で、 前回調査のあった10年前の9万4,325世帯と比較すると、5,011世帯、5.31%増加しました。

参照:厚木市公式ホームページ

人口が横ばいで世帯数が増えたということは、単身もしくは夫婦のみ世帯が増えたと考えることができます。小田急線の複々線化や、駅周辺の再開発によって住みやすさが向上したことも影響し、今後も幅広い世代からのニーズが期待できるでしょう。

神奈川県厚木市で人気のエリアは?

神奈川県厚木市の中でも、ファミリー層に人気なのは本厚木駅周辺です。本厚木駅の大きなメリットは、交通利便性が良いこと。厚木市は郊外のベッドタウンというイメージがありますが、本厚木駅から新宿駅までは小田急線本線の快速急行で約50分でアクセスできます。新宿駅まで1本で出られるので、通勤・通学の幅が広がります。

また、通勤などで小田急線を利用する人の中には、通勤ラッシュを避けて時間を有効活用したい人もいるでしょう。小田急線では、通勤時間帯の座席指定特急「モーニングウェイ号」が2020年6月現在、平日9本、土日祝日8本運行しています。座席指定なので、ゆったり座って移動時間を有効に、仕事や読書の時間として活用することも可能です。

さらに、本厚木駅は東京メトロ千代田線直通の準急列車や新宿行きの列車の始発駅となっているため、座って通勤・通学したい人にもぴったりな駅といえるでしょう。

神奈川県本厚木で不動産売却をおこなう際のポイント・注意点

  • 新築マンションよりも価格を下げてお得感を出すことが大切
  • 駅近の不動産は希少なので高く売れる可能性
  • 駅から遠くても、豊かな自然がある神奈川県厚木市なら、セカンドハウスとしての売却も可能性がある

ポイント・注意点1

神奈川県厚木市は再開発が進んでおり、多数の新築分譲マンション・新築戸建てが売りに出されています。特に新築分譲マンションは駅から近いというだけでなく、住宅設備が充実していたり、商業施設が入っていたりするアドバンテージを持っているのを忘れてはいけません。

そのため、神奈川県厚木市で不動産を売却するならば、新築に勝る価格メリット・物件メリットを打ち出す必要があります。駅から近いからといって新築同等の金額では検討者は流入してこないため、新築よりも価格を下げて、お得感を出すことが大切です。

ポイント・注意点2

神奈川県厚木市は、取引されている物件のうち、駅から近い物件が少ない傾向があります。2019年で取引されている不動産をみると、土地は駅徒歩平均17分、一戸建ては16分、中古マンションは12分です。駅から近い不動産はこのエリアでは希少価値が高いため、高く売れる期待もできるでしょう。

しかし、駅から遠くても、神奈川県厚木市には魅力がたくさん。神奈川県厚木市の郊外には、トレッキングが人気の厚木大山や、相模川などの豊かな自然、そして七沢温泉など魅力的なスポットが多くあります。近年テレワークが推進されているため、売却の際には居住利用だけでなく、セカンドハウスとしての販売も検討してもよいでしょう。

まとめ

本記事では、不動産売却の基本的な流れと、神奈川県厚木市での不動産売却に役立つ相場情報(マンション・戸建て・土地)や地価推移、坪単価、街の特徴や魅力について紹介しました。

  • 神奈川県厚木市の全体的な不動産相場は1年間でわずかに下降した
  • 本厚木駅を中心に再開発が進行しており、街に期待が集まっている
  • 小田急線の複々線化や沿線駅の再開発も不動産需要に影響がある可能性
  • 高く売るためには信頼できる不動産探しが大事

不動産を高く売るためには、地域特性と相場を把握した上での戦略と、信頼できる不動産会社からの協力が必要不可欠です。神奈川県厚木市での不動産売却をお考えの方は、神奈川県厚木市の不動産売却の市況を細かくリサーチしながら、パートナーとなる不動産会社探しを始めましょう。

不動産売却についての
ご相談、ご依頼はこちらまで
ご相談、査定は無料です
お気軽にお問い合わせください
0120-96-4876
受付:9:30~18:30年中無休(年末年始を除く)
WEBでのお問い合わせ
24時間365日
タイトルとURLをコピーしました