【2020最新版】千葉県四街道市で高く不動産を売却するコツと地域情報・相場を知ろう

四街道市で高く不動産を売却するコツ
  • 高く不動産を売却するには相場の把握が必要不可欠
  • 四街道市の土地の価格は千葉県内では手頃になっている
  • 自治体の防災情報によっては不動産価値に大きな影響を与える可能性も
  • 人口構造といった社会情勢の変化による不動産価値への影響を把握しておくことが大切 

四街道市は、千葉県北部の印旛地域にあり、千葉市や船橋市、成田市や東金市へのアクセスが良好です。幅広い地域へ通勤や通学ができるだけでなく、便利で暮らしやすい街として、不動産需要が高いです。

ここでは、四街道市の不動産事情や地域特性、不動産を売るときに注意すべき点やポイントなどを紹介していきます。

あなたの不動産を簡単60秒で無料査定!

四街道市の近年の変化

  • 四街道市は千葉県内でも土地の価格が手頃になっている
  • 手頃な価格で不動産を手に入れたい人に人気の地域となっている 

四街道市は、千葉県内でも土地の価格が割安。そのため、予算を抑えて不動産を手に入れたいという人、サラリーマン世代など不動産に支出できる予算が限られている人たちに人気があります。

ここ数年で千葉県全体の土地の価格が上昇しているのに対して、四街道市は不動産価格が横ばいになっているため、相対的に安く土地を手に入れやすくなっているのです。

しかし、新型コロナウイルスの影響で、地方に移住したいと考える人が増えていることから、市街地や都心へのアクセスの良い四街道市の土地の価格が上がる可能性があります。

不動産を売却しようと考えている人は、今後の社会情勢による不動産価値への影響を注視しながら、適切な売却タイミングを考えられるようにしておきましょう。

不動産売却の流れを把握しましょう

まずは、不動産売却の流れを把握しましょう。全体像を把握することで納得のいく金額で不動産を売却することができます。

不動産売却の流れ

Step1:相場を調べる
 ▶相場を調べるところから不動産売却は始まります。

Step2:不動産会社に査定を依頼する
 ▶保有する不動産がいくらで売却できるか不動産会社に査定してもらいます。

Step3:不動産会社と契約を締結する
 ▶査定内容に問題がない場合は契約を締結します。

Step4:不動産の売却を始める
 ▶実際に不動産を売りに出します。

Step5:売却・引き渡し
 ▶買い⼿が⾒つかれば売却の⼿続きを行い、不動産を引き渡します。

不動産売却の際に重要なのは、「自分の不動産はいくらで売れるのか」という相場感を把握することです。

不動産の売価をエリアの買取相場より高く設定しすぎると売れにくくなり、低く設定しすぎると自身が損をすることになります。納得のいく不動産売買をおこなうためには、プロのアドバイスや注意点を聞きながら売価を設定しましょう。

四街道市の相場を知ろう

  • 四街道市では年数が経っても土地の値段が大きく変わっていない 
  • マンションよりも一戸建ての方が寿命が高くなっている 
  • よく売れている不動産の特徴を知っておくことが大切 

まずは四街道市の売却動向を簡単に掴んでいきましょう!

四街道市の地価推移・不動産相場の推移福

四街道市では、2019年で土地の価格が6万4,788円/㎡となっており、千葉県の中では手頃な価格で土地を手に入れられるエリアです。年数が経過しても土地の価格が安定していることから、売却準備を進めやすく、焦って失敗する危険性も少ないでしょう。

2019年で最も売れている土地は1,000万円~2,000万円の土地で、広さは150~300㎡程度が人気があります。売れやすい土地の特徴を知っておくことも、スムーズな売却につなげるために重要です。

2019年の不動産の売買動向をみると、一戸建てに関しては売却価格が減少しています。しかし、土地の売買件数が少なくなっているのにも関わらず、売却価格の減少幅はそこまで大きくないため、1件あたりの取引金額が高くなっていたといえるでしょう。

一方、マンションや土地の売却価格は上昇。マンションについては、取引されたマンションの築年数は前半期も後半期も23年となっているため、23年前後のマンションが人気を集めているといえるでしょう。

土地に関しても取引価格は上昇しています。土地の売買件数自体は減少していることを考えると、1件あたりの取引で土地が高額で売買されていたといえるのです。

四街道市の売却動向や売却相場の動き

四街道市では、2007年以降土地の売却価格が1,200万円前後で推移しています。年によって土地の売却価格に大きな動きがみられないことから、年数が経過しても土地の価値が変わりにくいエリアだといえるのです。

ただし、新型コロナウイルスといった社会情勢の変化によっては、不動産の価値を大きく変化させる可能性もあります。そのため、社会の動向が不動産価値に与える影響を考えながら売却タイミングを検討していく必要があるでしょう。

一方、四街道市の一戸建てに関しては、千葉県全体でみると物件の値段が手頃になっているところが多くなっています。町の発展度が高いことや、都心へのアクセスが良いこともあり、四街道市で一戸建てを手に入れたいという人増えてくるでしょう。

マンションに関しては2019年の1㎡あたりの価格が23万円と2018年よりも7.3万円下がっています。取引件数がそこまで多くないことも考えると、四街道市ではマンションよりも一戸建ての需要の方が多くなっているといえるのです。

ただし、少子高齢化が進み、人口構成や世帯構成が変化すると、不動産への需要も変わってくる可能性があるため、今後の人口の推移や特徴を注視しておきましょう。

参考)四街道市での直近の取引価格情報

中古マンションなど(駅距離基準値:10)

駅徒歩
10分以内
駅徒歩
10分以上
70㎡2,800万円1,300万円
75㎡1,400万円
80㎡
85㎡2,600万円
90㎡
95㎡
100㎡

※2019年取引価格中央値

戸建て(駅距離基準値:15)

駅徒歩
15分以内
駅徒歩
15分以上
80㎡1,800万円
85㎡3,500万円600万円
90㎡3,100万円
95㎡1,450万円
100㎡2,200万円2,200万円
105㎡3,100万円2,300万円
110㎡1,100万円

※2019年取引価格中央値
国土交通省「土地総合情報システム」より

不動産価格に影響を与えそうな出来事

  • 利根川水系高崎川が洪水浸水想定区域の対象になった
  • 自治体の発表する情報によっては不動産価値に影響を及ぼすことも 

2020年5月の千葉県の発表によると、四街道市の利根川水系高崎川が、洪水浸水想定区域の対象になりました。洪水浸水想定区域は、河川が氾濫した場合の浸水が想定される区域のことで、市町村が作成する洪水ハザードマップの基本情報となります。

そのため、エリアによっては洪水浸水想定区域によって不動産価格に大きく影響を及ぼす可能性もあり、自治体が発表する情報を適切に入手しておくことが大切です。

【売却のコツ】四街道市の地域特性を把握し、高く売るための戦略を練ろう

  • 古くから交通の便が発達しているエリアなので、人が集まりやすい 
  • 地域特性を不動産の特徴と絡めて相手にアピールすることが大切
  • 四街道駅周辺では幅広い世代からの不動産需要が高いと考えられる 

地域特性を知るメリットとは?

四街道市は、都心まで40km圏内となっており、普段の暮らしだけでなく通勤や通学にも便利です。東京や成田空港には電車を利用することで1時間以内でアクセスでき、交通の便も発展しています。

他の地域と比べてコンパクトな地域となっていますが、里山や谷津田といった恵まれた自然に囲まれているのも魅力です。

このような地域特性を理解した上で、あなたが売却しようと考えている不動産の魅力と結びつければ、買い手の心をつかみやすくなります。それによって、より魅力的な価格で不動産売買契約を締結でき、納得のいく取引につながるでしょう。

四街道市歴史・人口の推移や人気エリア

街の歴史と魅力

四街道はもともと佐倉藩の一部で、幕末に藩主堀田氏が欧米列強と戦うために、砲術の訓練場が設置されました。明治を過ぎると、軍郷として町が開発されるようになり、富国強兵策により徐々に町が発展していったのです。

戦後は都心からアクセスの良さからベッドタウンとなりました。生活に便利なだけでなく、豊かな自然に囲まれてゆったり暮らせることから、今ではファミリー層や子育て世代など多くの人々が集まり、それぞれの生活を送っています。

四街道市の人口推移

四街道市の人口は、2015年の時点で9万1,340人となっており、2011年と比較すると3,190人の増加ですが、生産年齢人口は59.7%と2011年よりも3.7%下がっています。老齢人口も26.8%であることから、四街道市では高齢化が進んでいることがわかります。

ただし、年少人口は13.7%と過去4年間でほぼ横ばいのため、少子化には歯止めがかかっています。便利でありながらも豊かな自然に囲まれて生活できたりするエリアとして、今後も子育て世代からの不動産需要が高くなりそうです。

四街道市で人気のエリアは?

四街道市では、四街道駅周辺が特に人気です。駅の北側から西側にかけて便利なショッピングセンターが複数立ち並んでおり、住宅街もすぐ近くにあります。

四街道駅ではJR総武本線と成田線が利用できるため、都心から通勤している人や地域を離れて通学している人だけでなく、高齢世帯でも住みやすい地域だと言えるでしょう。

四街道市で不動産売却をおこなう際のポイント・注意点

  • 不動産会社が多いエリアなので、相性の合う不動産会社をみつけることが大切
  • 人口の構造など社会の変化に合わせた販売戦略を練る必要がある 

ポイント・注意点1

四街道市では、都心に通勤するビジネスマンや、手頃な価格で不動産を手に入れたいと考えるファミリー層などに人気があるだけでなく、一人暮らしをする学生や高齢夫婦世帯にとっても住みやすい環境です。

そのため、四街道市内には不動産会社がたくさんあり、それぞれの会社がさまざまな物件を紹介しています。不動産を売却する時には不動産会社の協力が不可欠ですが、あなたと相性の合う不動産会社をみつけるためには、注意深く比較しておくことが大切。

あなたの要望をどれだけ汲み取ってくれるのか、地域情報や不動産情報にどれだけ詳しいのかをしっかり情報収集しておきましょう。

ポイント・注意点2

四街道市では人口も世帯数も年々増加していますが、少子高齢化の影響が進むことによって人口構成が変化し、不動産ニーズに大きな変化が起こる可能性があります。

そのため、あなたが売却しようと考えている不動産は、どの層に人気のある物件なのか、ニーズはどれくらいある物件なのかという情報を客観的に把握しておきましょう。

また、新型コロナウイルスなどの影響によって、そもそも不動産に対する需要が大きく揺らぐリスクもあります。社会情勢の変化が不動産価値や売却市場に与える影響を考慮しておきましょう。

まとめ

本記事では、四街道市で不動産を売却する際に、知っておくべき不動産価値の動向や実際の売買状況などについて説明しました。

  • 不動産がどのような魅力を持っているのかを明らかにしておく必要がある 
  • 不動産会社と連携しながら売却準備を進めていく
  • 不動産の現状や動向をしっかり理解しておくことが大切
  • 高く売るためには信頼できる不動産会社探しが大事

魅力的な価格で不動産を売却するためには、あなたの不動産が地域においてどれくらい価値を持っているものなのか、どのような魅力を持っているのかを明らかにしておく必要があります。

良い買い手をみつけるためには、不動産との協力が不可欠。あなたが不動産売却に求めることを不動産会社の担当者と共有しながら、一緒に売却準備を進めていきましょう。

不動産売却についての
ご相談、ご依頼はこちらまで
ご相談、査定は無料です
お気軽にお問い合わせください
0120-96-4876
受付:9:30~18:30年中無休(年末年始を除く)
WEBでのお問い合わせ
24時間365日
タイトルとURLをコピーしました