【2020最新版】千葉県館山市で高く不動産を売却するコツと地域情報・相場を知ろう

館山市で不動産売却するコツ
  • 高く不動産を売却するには相場の把握が必要不可欠
  • 温暖な気候でリゾート地として別荘やリゾート物件として人気が高い
  • 郊外に大規模商業施設ができ、ファミリー層の需要が高まるエリア
  • 戸建ての中古物件の取引が多く、中古物件の売却の期待できる

千葉県の南部に位置する館山市。房総半島の南端であり、年間平均気温が16℃と温暖な気候が特徴です。34.4キロの海岸線は、海水浴やマリンスポーツのスポットとしても人気の場所です。

館山市はレジャースポットも豊富なリゾート地で、夏場になると多くの観光客でにぎわいますが、観光地を離れると静かな住宅街が広がり、大型のショッピングモールや、ホームセンター、病院なども充実しているので子育て世帯も安心して暮らせる環境が整っています。

館山駅からはJR内房線で千葉駅まで約2時間。千葉駅を経由して都心へのアクセスが可能です。 また、高速バスが多数運行されていて羽田空港・千葉駅・東京駅・新宿駅・横浜駅まで乗り換えなしで行くことが可能です。運行本数も多く都心まで2時間程度で行ける高速バスは、南房総エリアの重要な交通手段となっています。

ここでは、館山市の不動産事情や地域特性、不動産を売るときにオススメの方法までご紹介していきます。

あなたの不動産を簡単60秒で無料査定!

千葉県館山市の最近の様子

  • 館山市ではバイパスや高速道路の整備が進んだことで、国道沿いが人気の生活エリアになっている
  • 車や高速バスを使って都内や神奈川県へのアクセスが便利になった

館山駅は駅東側の南北に走る目抜き通りを中心に商店が軒を連ね、館山市の中心でしたが、近年では、国道 127 号線(館山バイパス)や国道 128 号線沿い等の郊外に大規模商業施設や医療施設が集まり、車を使った郊外へと生活のエリアが移りつつあります。

バイパスや高速道路の整備が進み、館山自動車道や東京湾アクアラインを使って千葉県や神奈川県など多方面へのアクセスできるため、車や高速バスを使った移動が便利になっています。 館山市では交通の便の良さと恵まれた自然環境を生かし、積極的に移住支援も行っています。

不動産売却の流れを把握しましょう

まずは、不動産売却の流れを把握しましょう。全体像を把握することで売却の成功に1歩近づきます。

不動産売却の流れ

Step1:相場を調べる
 ▶相場を調べるところから不動産売却は始まります。

Step2:不動産会社に査定を依頼する
 ▶保有する不動産がいくらで売却できるか不動産会社に査定してもらいます。

Step3:不動産会社と契約を締結する
 ▶査定内容に問題がない場合は契約を締結します。

Step4:不動産の売却を始める
 ▶実際に不動産を売りに出します。

Step5:売却・引き渡し
 ▶買い手が見つかれば売却の手続きを行い、不動産を引き渡します。

不動産売却の際に重要なのは、「自分の不動産はいくらで売れるのか」という相場感を把握することです。不動産の売価をエリアの売買相場より高く設定しすぎると売れにくくなり、低く設定しすぎると自身が損をすることになります。納得のいく不動産売買を行うためには、プロのアドバイスや注意点を聞きながら売価を設定しましょう。

千葉県館山市の相場を知ろう

  • 館山市の地価は下落からやや横ばいに推移している
  • 房総半島南部の安房地域では最も高い相場で取引されている
  • 館山駅から30分以内の住宅地の取引が最も多い

まずは千葉県館山市の売却動向を簡単に掴んでいきましょう!

千葉県館山市の地価・不動産相場の推移

館山市の全体としての地価は2014年までは下落傾向がありましたが、2015年以降は下落は収まり横ばいとなっています。

館山市で一番高い地域は館山駅東口エリアの北条字浜通であり、2015年以降は横ばいです。ただし、館山駅から離れるエリアである犬石字川向・館山市藤原では、長年にわたり下落が続いています。

売買としては、館山駅から30分以内の住宅地の取引が多く行われている傾向があります。駅から近いエリアが、通勤通学の利便性も高く土地需要が高くなっているといえます。

千葉県館山市の売却動向や売却相場の動き

館山市は、房総半島南部の安房地域(館山市、鴨川市、南房総市、鋸南町)の中では最も人口が多く、地域の中心都市としての機能を担っています。安房地域全体として不動産相場は下落傾向にありますが、鴨川市、南房総市、鋸南町と比べると、館山市は高い相場で取引が行われています。

館山市の土地取引件数の推移としては直近5年間は毎年900件前後の取引が行われ、昨年約860件、2017年は1000件を超える取引がされています。 マンションの取引が少なく、戸建て中古物件の取引が多いエリアであるのが館山市の特徴です。

参考)千葉県館山市での直近の取引価格情報

中古マンション(駅距離基準値:10)

駅徒歩
10分以内
駅徒歩
10分以上
70㎡
75㎡
80㎡
85㎡
90㎡
95㎡
100㎡

※2019年取引価格中央値

戸建て(駅距離基準値:15)

駅徒歩
15分以内
駅徒歩
15分以上
80㎡940万円
85㎡500万円290万円
90㎡370万円
95㎡145万円
100㎡2,100万円
105㎡
110㎡225万円

※2019年取引価格中央値
参照:国土交通省「土地総合情報システム」

不動産価格に影響を与えそうな出来事

  • 館山市は観光リゾート地として景観や街づくりに力を入れている
  • 積極的に移住者の受け入れをして、別荘地の価値も上がっている
  • 近年台風や大雨といった自然災害の影響が懸念される

館山市は「房総リゾート地域整備構想」の重点整備地区の1つで「館山サンシャインリゾート」として、鏡ヶ浦から平砂浦にかけての海岸線一帯が開発されてきました。

館山駅西口を含め、北条海岸から西岬一帯、平砂浦海岸、富崎地区などは館山市街並み景観指導地区に指定され、屋根はオレンジ色、壁は白を基本色とし、南欧風の統一感のあるおしゃれな街並みになっています。景観を意識して、駅前ロータリーや夕映え通りでは電柱も地中に埋められ、青い空が広がっています。

館山市は積極的に移住者の受け入れを行っており、別荘やリゾート物件としての価値も高まりつつあります。 一方、館山バイパス沿い、国道沿いには大型のショッピングセンターやホームセンター、スーパーなどが並び館山市で暮らすファミリー層にも便利なエリアとなっています。

ただし、館山市は人口、世帯数共に近年減少し、年齢別にみても少子高齢化が心配されています。人口減は緩やかな減少傾向ではありますが、今後の不動産にも影響を与えていく可能性があります。

また、温暖で穏やかな気候の館山ですが、2019年の台風15号の被害は記憶に新しく、近年増加する台風や津波といった海沿いのエリアが直面する自然災害に対する不安もぬぐい切れません。

【売却のコツ】千葉県館山市の地域特性を把握し、高く売るための戦略を練ろう

  • 館山市の中心地を通る館山バイパス(国道127号線)沿いが人気
  • 人口は千葉県の中では54市区町村中37番目で、人口流出が続いている
  • 首都圏からの移住者の呼び込みに力をいれている

地域特性を知るメリットとは?

千葉県館山市の場合、比較的物件も多く動いています。自分の不動産を購入してもらうためにも販売戦略はとても重要です。エリアの特徴から、買いたい人がどのような層か考えてみましょう。ただし絶対的な答えは無いので、詳しくは地元に詳しい専門家である不動産会社の人と相談することをおすすめします。

千葉県館山市の地域特性・歴史や魅力

街の歴史と魅力

館山市は千葉県の最南端に位置し、『南総里見八犬伝』の舞台となった館山城があり古くからの港町として栄えてきました。昭和の初めには海軍航空隊が置かれたことで、戦争との関わりも深い地域でした。

南国のようなビーチ、豊富な海産物などに加え地下壕跡や射撃場跡といった戦争遺跡も数多く残され、こちらも貴重な観光資源となっています。 戦後、イワシを供給する水産基地として、また海水浴を中心とする観光都市へと移行しました。

館山駅周辺よりも館山バイパスや海岸通り沿いといったロードサイド型店舗が増え、水産物の売り場面積は増加し周辺地域から多くの買い物客が訪れ賑やかさを取り戻しつつあります。盛んだった漁業は従業者数や漁獲高は減少しているものの、従業者1人当たりの漁獲高は増加。農業も同じく、1農家当たりの農業産出額と面積当たりの農業産出額はこの20年増加傾向にあります。

千葉県館山市の人口推移

館山市の人口は千葉県の中では54市区町村中、 37番目です。館山市の人口は国勢調査によると、2010年が49,290人、2015年が47,464人でした。 2020年6月現在では44,894人で、 比較すると10年間で-4,396人と8.9%と大きく減少しています。

首都圏から館山まではJRや高速バスがつながり、最短でわずか1時間30分ということもあって近年では積極的に移住者を誘致し、定住してもらえるよう取り組んでいます。

千葉県館山市で人気のエリアは?

市の中心地を通る館山バイパス(国道127号線)沿いには家族で行ける大型の商業施設やスーパーなどが多く生活に便利です。このエリアは館山市内の人口が集中しており、小学校や中学校、保育園なども充実しています。

館山駅の周辺にある商店街からも近く、人気が高めです。 また、海岸沿いの鏡ケ浦通り沿いなどにもイオンタウンなどの大型商業施設があり、海からも近く自然の豊かなエリアはファミリー層に人気です。 城山公園周辺は南欧風の海岸沿いとまた違った歴史に彩られた美しいエリアとなっています。

千葉県館山市で不動産売却をおこなう際のポイント・注意点

  • 館山市の不動産は別荘や海鱗屑などリゾート向けの物件も多い
  • 自分の物件がどのような特性を持っているか見極める必要がある
  • 館山市は戸建の中古物件が多く、不動産会社によって査定基準に差がある

ポイント・注意点1

南欧風リゾートとしての顔を持つ館山市には、戸建別荘・海辺の土地・海隣接・海一望の土地を得意とする不動産会社もあります。現在、ファミリー層は車で移動できる郊外のエリアに人気が出ているなど生活により必要な物件は異なっているので、土地の特性を生かし、得意とする不動産会社を見極める必要があります。

ポイント・注意点2

館山市は戸建ての中古物件の取引が多いエリアになります。ただし、不動産会社により査定の基準は大きく異なります。築年数、土地の面積・形状、建物の状態、設計・耐震性、利便性、近隣環境など不動産会社が重要視するポイントを見極めることが大切です。できるだけ多くの不動産会社に査定を依頼し、相場をつかみ納得のできる不動産会社を選びましょう。

まとめ

本記事では、不動産売却の基本的な流れと、千葉県館山市での不動産売却に役立つ相場情報(マンション・戸建て・土地)や地価推移、街の特徴や魅力について紹介しました。

  • 館山市は住宅以外にもリゾート物件も多く、不動産評価基準はさまざま
  • 中古の戸建は不動産会社によって査定価格にばらつきが出る可能性が高い
  • 高く売るためには信頼できる不動産会社探しが大事

不動産を高く売るためには、地域特性と相場を把握した上での戦略と、信頼できる不動産会社からの協力が必要不可欠です。千葉県館山市での不動産売却をお考えの方は、千葉県館山市の不動産売却の市況を細かくリサーチしながら、パートナーとなる不動産会社探しを始めましょう。

不動産売却についての
ご相談、ご依頼はこちらまで
ご相談、査定は無料です
お気軽にお問い合わせください
0120-96-4876
受付:9:30~18:30年中無休(年末年始を除く)
WEBでのお問い合わせ
24時間365日
タイトルとURLをコピーしました