【2020最新版】名古屋市千種区で高く不動産を売却するコツと地域情報・相場を知ろう

名古屋市千種区で高く不動産を売却するコツ
  • 高く不動産を売却するには相場の把握が必要不可欠
  • 名古屋市千種区は多彩な特色を有するエリア
  • 中古一戸建ての売却取引へのニーズが高い
  • 不動産売却の際はプロとの相談が重要

名古屋市千種区は名古屋市の北東部に位置する人口およそ16万人の地域です。商業やビジネスの西部、閑静な住宅街が広がり多くの学校が点在する文教の街である中央部、緑豊かな東部と、同じ区の中で場所により全く異なる特色をもっているのが特徴です。

当然、エリアごとに不動産の価値も異なるため、それぞれの地域特性から異なる居住層の存在を推しはかることが重要です。今回は、そんな多面性をもつ千種区での不動産売却について、さまざまな側面から掘り下げていきます。

この地域において不動産売却を検討する際、どのような対策と準備が必要なのでしょうか。名古屋市千種区ならではの不動産動向について、地域特性や不動産を売却するときのおすすめの方法などをあわせて紹介します。

あなたの不動産を簡単60秒で無料査定!

名古屋市千種区の不動産動向

  • 名古屋市千種区のマンションは3LDKを中心に幅広く流通している
  • 中古一戸建ては比較的安定して取り引きされている
  • 土地相場は愛知県内でも高い水準で推移している

名古屋市千種区における、マンション、戸建て、土地それぞれの売却動向と相場についてみてみましょう。

2019年におけるマンションの取引実績をみると、最もボリュームの多い専有面積は71〜80㎡で、最高価格は5,800万円、最安価格は300万円でした。間取り別では最もボリュームが多いのは3LDKで、最高価格は7,500万円、最安価格は300万円となっています。

中古一戸建てに関しては、需要が安定してるのが特徴で、売却価格も比較的高く安定して推移しています。地下鉄など交通の利便性も高く売却金額は上昇傾向です。新築物件が少ないことから中古市場での安定した価格推移がみられます。

土地売却相場については、2019年の取引実績で、平均売却額は7,278万円、平均平米単価は31.6万円、平均土地面積は211㎡でした。この1㎡あたり32万円ほどという土地売却相場は、愛知県内でもかなり高い水準の価格となっています。

不動産売却の流れを把握しましょう

まずは、不動産売却の流れを把握しましょう。全体像を把握することで納得のいく金額で不動産を売却することができます。

不動産売却の流れ

Step1:相場を調べる
 ▶相場を調べるところから不動産売却は始まります。

Step2:不動産会社に査定を依頼する
 ▶保有する不動産がいくらで売却できるか不動産会社に査定してもらいます。

Step3:不動産会社と契約を締結する
 ▶査定内容に問題がない場合は契約を締結します。

Step4:不動産の売却を始める
 ▶実際に不動産を売りに出します。

Step5:売却・引き渡し
 ▶買い⼿が⾒つかれば売却の⼿続きを⾏い、不動産を引き渡します。

不動産売却の際に重要なのは、「自分の不動産はいくらで売れるのか」という相場感を把握することです。

不動産の売価をエリアの買取相場より高く設定しすぎると売れにくくなり、低く設定しすぎると自身が損をすることになります。納得のいく不動産売買を行うためには、プロのアドバイスや注意点を聞きながら売価を設定しましょう。

名古屋市千種区の相場を知ろう

  • 名古屋市千種区の周辺は不動産の需要が比較的安定している
  • 名古屋市千種区は愛知県全体と比べても地価は高いエリア

まずは名古屋市千種区の売却動向を簡単につかんでいきましょう!

名古屋市千種区の地価・不動産相場の推移

名古屋市千種区の地価は、2013年を境に上昇傾向がみられ、2018年と2019年で比べると4.36%高くなっています。2019年時点では28万9,547円/㎡で、2014年と比較すると、14.69%の増加率。愛知県全体と比較しても、地価は高いエリアであるといえます。

名古屋市千種区の売却動向や売却相場の動き

近年、マンションについては売却価格が上昇。一戸建ての取引価格については一部下落が生じているので、保有している不動産が一戸建ての場合は、販売のタイミングを見極める必要があります。

参考)名古屋市千種区での直近の取引価格情報

中古マンションなど(駅距離基準値:10)

駅徒歩
10分以内
駅徒歩
10分以上
70㎡2,650万円3,100万円
75㎡4,600万円3,100万円
80㎡3,850万円2,500万円
85㎡4,800万円3,900万円
90㎡5,250万円
95㎡4,300万円
100㎡5,000万円1,900万円

※2019年取引価格中央値

戸建て(駅距離基準値:15)

駅徒歩
15分以内
駅徒歩
15分以上
80㎡3,200万円
85㎡2,900万円
90㎡3,600万円
95㎡4,100万円
100㎡5,150万円3,650万円
105㎡4,900万円
110㎡5,150万円4,500万円

※2019年取引価格中央値
参照:国土交通省「土地総合情報システム」

不動産価格に影響を与えそうな出来事

  • 住宅地の地価は上昇傾向
  • 住宅需要は増え、空き家は減る傾向にあるため、より高く売れる可能性

不動産の売却タイミングを図る意味では、地価の価格変動と世帯数、空き家率の増減にも注意を払う必要があります。国交省の「都道府県地価調査」によると、名古屋市千種区の住宅地の価格変動率は、2018年は1.3%増、2019年も2.4%増でした。

名古屋市千種区の住宅地の価格はここ3年で上昇し続けています。また、世帯数は2016年に7万8,927世帯でしたが2018年には8万696世帯へと増加しており、増加数は1,734世帯、増加率は2.2%です。これにより住宅需要も増えている状況がうかがえます。

さらに、名古屋市千種区市の空き家は減少傾向。2013年の空き家率は14.4%、2018年には12.7%と割合が減っている状況です。世帯数は増えて、空き家は減る傾向にあるため、名古屋市千種区での不動産売却は、より高く売れる可能性があります。

【売却のコツ】名古屋市千種区の地域特性を把握し、高く売るための戦略を練ろう

  • 千種区は主に地理的または歴史的背景により中央部、東部、西部の3つに区分けされる
  • 人口はゆるやかに増加している
  • 人気のエリアが多数存在する

地域特性を知るメリットとは?

地域特性を知るメリットとしては、より効果的な販売戦略に繋がることが挙げられます。所有する不動産を満足のいく形で取引するためは、その地域が持つ特性をしっかりと把握し、どのような根拠で、どのようなターゲット層に対して、どのような打ち出しで販売していくか、より細かく販売戦略を立てて実行することが重要だといえます。

不動産会社にすべてを任せるのではなく、売主側も地域特性を理解し、不動産会社と一緒に販売戦略に関するアイデアを出すことで、よりターゲットに響くPR施策を捻りだすことが可能となり、満足のいく不動産売却へと近づきます。

不動産はじっと待っているだけでは売れません。販売エリアや所有する物件のみが持つ特徴から、その物件を買いたいと思うような人はどんな人なのかを考えることが大切です。

そして、柔軟かつ緻密な作戦を遂行するために、そのターゲットにはどんな手段(ポータル、チラシ、文言、特徴など)でアピールすることが有効なのかを、売主も不動産会社とともに考えていくことが重要になります。

また、より緻密で効果的な販売戦略を立てるために、地元での不動産取引の実績が豊富で、多くの提案オプションを持つ知識と経験が豊富な不動産会社の担当者を選ぶことも重要です。

名古屋市千種区の地域特性・歴史や魅力

街の歴史と魅力

千種区は主に中央部、東部、西部の3つに区分けされます。区の西部は、今池を中心に飲食店が立ち並び、魅力ある商業エリアとして発展。また、大規模工場跡地の千種二丁目地区には「アーススクエア」と呼ばれる複合拠点施設が存在するのも特徴です。

区の中央部は、池下、覚王山、本山から東山にかけての丘陵地であり落ち着いた住宅街が広がっています。本山から昭和区山手通に続く四谷通や星ヶ丘周辺は、多くの教育機関が存在する文教地区となっています。

おしゃれな服飾店や喫茶店なども多く、比較的活気に満ちた賑わいをみせているのも特徴です。さらに、城山覚王山地区では多くの寺社や近代建築物が点在し、歴史的資源によるの豊かな街並みを残しています。

区の東部には、区の緑地としては国内最大級となる410㏊におよぶ「なごや東山の森」も。その一部である東山動植物園では人と自然の共生と再生への取り組みをすすめています。区内にはユリの名所として知られる千種公園、花や樹木が道を彩る天満緑道、区の花アジサイが咲く茶屋ヶ坂公園などがあり、市民の憩いの場となっています。

参照:千種区HP

名古屋市千種区の人口推移

名古屋市千種区市の人口は、2020年6月時点で16万6,074人。5年前の2015年6月時点では16万4,066人で、 比較すると2,008人の増加となっています。2000年頃から比較的ゆるやかに増加中です。

参照:令和2年6月1日現在の世帯数と人口

名古屋市千種区で人気のエリアは?

名古屋市千種区は多くの人気エリアを抱えている地域です。覚王山駅周辺は、スターバックスコーヒーや有名なイタリア料理店など、おしゃれでカジュアルなお店から高級店まで幅広く存在することで人気があります。

千種駅周辺は、塾や予備校が非常に豊富で学生や大学入学を目指す学生予備軍による往来が盛んな地域です。

子育て世帯には名古屋大学駅周辺が人気。文教地区となっていて、教育に熱心な地域として子育て世帯に人気があります。また、星ヶ丘駅周辺は高級住宅地であり、教育や美観への意識が高い地域としてこちらも比較的意識の高い子育て世帯に人気の環境です。

今池駅周辺は、徒歩圏内にショッピングが楽しめる場所が多数あり比較的若い世代に人気の地域となっています。

名古屋市千種区で不動産売却をおこなう際のポイント・注意点

  • 売却タイミングにより物件のアピールポイントは柔軟に考えよう
  • 不動産売却を成功するには優秀な不動産会社を見つけることが重要

ポイント・注意点1

新型コロナウイルスの影響により、自宅で過ごす時間が増えたという人が多くなっています。今後の世の中の動向や働き方の変化によっては、自宅でも快適に仕事ができる不動産環境が求められる可能性も低くはありません。

売却するタイミングにより、こうした時代の変化に合わせて不動産のアピールポイントを柔軟に考え直していくことで、新たな付加価値を見出すことが可能です。

ポイント・注意点2

不動産売却をする際の不動産会社の選定は慎重におこなうことが大切です。名古屋市千種区には、多くの不動産会社が立地しているため、比較検討にも時間を要するでしょう。

希望通りの形で不動産売却を実現するためには、さまざまな販売戦略を親身になって一緒に考えてくれる、この地域での取引実績が豊富な不動産会社を見つけることが重要なポイントです。情報収集をおこない、安心して任せられる不動産会社を探しましょう。

まとめ

本記事では、不動産売却の基本的な流れと、名古屋市千種区での不動産売却に役立つ相場情報や地価推移、街の特徴などを紹介しました。

  • 名古屋市千種区では中古一戸建ての売却取引へのニーズが高い
  • 土地相場は愛知県内でも高い水準で推移している
  • 不動産売却には物件の地域特性をしっかりと把握することが大切
  • 高く売るためには信頼できる不動産会社探しが大事

不動産を高く売るためには、地域特性と相場を把握したうえで、綿密な戦略と、信頼できる不動産会社との協業体制が不可欠です。

名古屋市千種区での不動産売却をお考えの方は、より高く売るために自信をもって的確なアドバイスをしてくれる、頼れるパートナーとなるしっかりとした不動産会社を選びましょう。

不動産売却についての
ご相談、ご依頼はこちらまで
ご相談、査定は無料です
お気軽にお問い合わせください
0120-96-4876
受付:9:30~18:30年中無休(年末年始を除く)
WEBでのお問い合わせ
24時間365日
タイトルとURLをコピーしました