【2020最新版】愛知県一宮市で高く不動産を売却するコツと地域情報・相場を知ろう

一宮市で不動産売却するコツ
  • 高く不動産を売却するには相場の把握が必要不可欠
  • 一宮市は名古屋市のベッドタウンとして需要のあるエリア
  • 2021年4月に「中核市」への昇格を目指している
  • 一宮市は人口も増加し、不動産相場は総じて好調
  • 最近では一宮総合駅や観音寺駅周辺が人気

愛知県一宮(いちのみやし)市は、愛知県北西部、岐阜県との県境にある人口38万人の市です。 人口は愛知県で4位で、名古屋市へのアクセスも良いことから、愛知県の住みたい街ランキングには毎回上位にランクインしています。

一宮市は元々ウールの産地で、明治以降は毛織工業とともに発展してきました。国内の繊維工業出荷額は愛知県が1位で、毛織物は一宮市、綿織物は岡崎市が代表的です。現在では中国や東南アジアなどの安価な外国製の影響で、規模は縮小していますが、それでも一宮市と言えばやはり「繊維のまち」として有名です。

また、喫茶店でドリンクを頼むとパンや果物などがつくサービス「モーニング」発祥の地でもあり、市内には安くてボリュームたっぷりのモーニングを楽しめる喫茶店がたくさんあります。

一宮市の中心は一宮総合駅と呼ばれ、JR尾張一宮駅と名鉄一宮駅が交わっているエリアです。名古屋までどちらの路線でも10分〜20分程度で到着します。一宮総合駅の駅前はi-ビルという名前の大型複合施設があり、カフェなどの商業施設の他に図書館や子育て支援センター、ビジネス支援センターなども入居しています。

一宮市内には高速道路の4つのインターチェンジと一宮ジャンクションがあり、東名・名神高速道路と東海北陸自動車道の結節点として、重要な役割を果たしています。

この記事では、そんな愛知県一宮市エリアでの不動産売却に役立つ、地域特性の詳細や不動産売却のコツについて紹介していきます。

あなたの不動産を簡単60秒で無料査定!

愛知県一宮市の最近の様子

  • 一宮市の主要産業である繊維業は中国などの影響で不況である
  • 2021年4月に「中核市」への昇格を目指している

長年一宮市の経済は繊維産業が支えてきましたが、アジア諸国からの輸入急増やファッション業界の不況などもあり、繊維業界の将来は厳しいものになっています。実際に一宮市の繊維工業の事業所数は右肩下りで減少しています。

愛知県一宮市では市制施行100周年を迎える2021年4月に「中核市」への昇格を目指しています。実現すれば県内で4番目の中核市となる予定です。中核市とは政令指定都市以外の人口20万人の市区町村が対象で、他の一般的な都市よりも大幅な行政事務権限をもつことができます。

一宮市が中核市になることで、より自由なまちづくりを行うことができるようになり、市の発展に繋がることが期待されます。

不動産売却の流れを把握しましょう

まずは、不動産売却の流れを把握しましょう。全体像を把握することで売却の成功に1歩近づきます。

不動産売却の流れ

Step1:相場を調べる
 ▶相場を調べるところから不動産売却は始まります。

Step2:不動産会社に査定を依頼する
 ▶保有する不動産がいくらで売却できるか不動産会社に査定してもらいます。

Step3:不動産会社と契約を締結する
 ▶査定内容に問題がない場合は契約を締結します。

Step4:不動産の売却を始める
 ▶実際に不動産を売りに出します。

Step5:売却・引き渡し
 ▶買い手が見つかれば売却の手続きを行い、不動産を引き渡します。

不動産売却の際に重要なのは、「自分の不動産はいくらで売れるのか」という相場感を把握することです。不動産の売価をエリアの売買相場より高く設定しすぎると売れにくくなり、低く設定しすぎると自身が損をすることになります。納得のいく不動産売買を行うためには、プロのアドバイスや注意点を聞きながら売価を設定しましょう。

愛知県一宮市の相場を知ろう

  • 一宮市の不動産相場はやっと上昇の兆しが見える
  • 地価が高いのは一宮総合駅周辺と国道沿いの観音寺エリア
  • 中古マンションは築年数の古い物件が多く、築浅物件が少ない
  • 土地取引が多いのは尾張一宮駅・妙興寺駅周辺

まずは愛知県一宮市の売却動向を簡単に掴んでいきましょう!

愛知県一宮市の地価・不動産相場の推移

一宮市の2020年最新公示地価は平均9万1935円/㎡です。前年と比較すると、+1.27%と若干上向きになっています。一宮市の不動産相場は直近10年間ほぼ横ばいで、ここにきてやっと上昇の兆しが見えますが、まだ先行きは不透明です。最も相場が高いのは一宮総合駅周辺で、その他国道沿いの観音寺エリアや西一宮付近と続いています。

愛知県一宮市の売却動向や売却相場の動き

一宮市の中古マンションは70〜80平米、3LDK、4LDKが多く取引されています。また、築年数が浅い物件の数が少なく、まだあまり市場で取引されていないこともわかります。市場に出回っている物件は築年数が20年、30年というものが多く、間取りも平米に比べて部屋数が多いのが特徴です。不動産取引件数では尾張一宮駅と妙興寺駅周辺が最も多く取引されています。

参考)愛知県一宮市での直近の取引価格情報

中古マンション(駅距離基準値:10)

駅徒歩
10分以内
駅徒歩
10分以上
70㎡1,400万円1,800万円
75㎡2,000万円1,400万円
80㎡1,400万円1,250万円
85㎡2,050万円1,700万円
90㎡1,500万円
95㎡2,050万円
100㎡

※2019年取引価格中央値

戸建て(駅距離基準値:15)

駅徒歩
15分以内
駅徒歩
15分以上
80㎡
85㎡580万円1,900万円
90㎡850万円1,600万円
95㎡1,400万円2,350万円
100㎡2,600万円2,500万円
105㎡3,000万円2,400万円
110㎡3,600万円2,800万円

※2019年取引価格中央値
参照:国土交通省「土地総合情報システム」

不動産価格に影響を与えそうな出来事

  • 2027年のリニア中央新幹線の開通による経済効果に期待
  • 一宮駅周辺の土地活用や新たな都市計画が進んでいる

2027年に控えているリニア中央新幹線の実現は一宮市の経済に大きなインパクトを与えると考えられています。リニア中央新幹線で、東京(品川)ー名古屋間の移動が40分に短縮されれば、一宮から名古屋まで15分程度で計算すると、一宮から東京までも1時間程度で行けることになり、一気に町の活性化に繋がります。

現在でもリニア開通後を見越して、駅前の整備や老朽化した建築物の建て替え、新しい商業施設の建設計画などが粛々と進められています。

一宮市では2009年6月に「一宮市都市計画マスタープラン」が策定され、まちづくりの基本方針となっています。その後2016年にはそれを補完する形で「一宮市まち・ひと・しごと創生総合」が策定され、一宮駅周辺の土地活用プランや新たな都市計画概要などが示されています。

一宮市は現在は名古屋市のベッドタウンというポジションにありますが、いずれは東京通勤圏内の住みやすい町として注目されることになるかもしれません。

【売却のコツ】愛知県一宮市の地域特性を把握し、高く売るための戦略を練ろう

  • 一宮市は人口、世帯数ともにわずかに上昇している
  • 一宮市の中で最も人気なのは、一宮総合駅の徒歩エリア
  • 最近は幹線道沿いよりも駅近物件が人気

地域特性を知るメリットとは?

愛知県一宮市の場合、比較的物件も多く動いています。自分の不動産を購入してもらうためにも販売戦略はとても重要です。エリアの特徴から、買いたい人がどのような層か考えてみましょう。ただし絶対的な答えは無いので、詳しくは地元に詳しい専門家である不動産会社の人と相談することをおすすめします。

愛知県一宮市の地域特性・歴史や魅力

街の歴史と魅力

2005年4月1日に愛知県の北西部に位置する一宮市・尾西市・木曽川町が合併し、今の「一宮市」が誕生しました。一宮市は木曽川が育んだ自然豊かな土地で、昔から伝統のある繊維の街として繁栄しました。

一宮市は古くは平安時代から織物を生産していた記録があり、綿織物を得意としていました。その後明治になって起きた濃尾大地震を契機に、綿から毛織物(ウール)にシフトして、洋服の生地を中心とした毛織工業の一大産地として急速な発展を遂げます。

今では毛織物だけではなく、紡績・撚糸・染色・整理から縫製まで一貫生産し、世界でも有数の繊維産業都市として知られています。

愛知県一宮市の人口推移

一宮市の人口は国勢調査によると、2015年10月の一宮市の人口は380,868人、世帯数は142,480世帯でした。 その前の2010年の調査の時は一宮市の人口は378,566人、世帯数は135,837世帯だったことを比較すると、人口、世帯数ともにわずかに上昇しています。

一宮市は魅力的なまちづくりが進み、ファミリー層を中心に転出者より転入者のほうが多くなっていますが、地域の少子高齢化による自然減の影響は出ています。一宮市では若年女性が2040年までに2割ほど減少し、2060年には市の人口が約28万2,000人まで減少するという試算もされているようです。

愛知県一宮市で人気のエリアは?

一宮市の中で最も人気なのは、一宮総合駅の徒歩エリアになります。一宮総合駅は一宮市のターミナル駅ですが、比較的静かな環境で治安も良く、物価も手頃なので住環境はとても良いと言えます。都会過ぎず、程よく自然が残っている雰囲気も人気の要因です。

愛知県は車社会なので、国道沿いやインターチェンジの出口も人気です。しかし、交通量が多く、騒音が問題になることも多いので、最近では一宮総合駅や観音寺駅あたりの駅近物件が人気のようです。

愛知県一宮市で不動産売却をおこなう際のポイント・注意点

  • 同じ名古屋のベッドタウン都市の動向にも注意する
  • 不動産会社の強み・弱みを理解して自分の物件に合う業者を見つけること

ポイント・注意点1

2027年に予定されているリニア中央新幹線の開通を見据えて、一宮市だけではなく愛知県の各市町村は街の再開発に力を入れています。特に一宮市と同様名古屋市に近接している長久手市や日進市といったエリアは、近年住宅家が開発され、人気上昇中です。

一宮市の地価はこの名古屋市近隣エリアの不動産動向にも左右されることが予想されるので、ウォッチしておくべきでしょう。

ポイント・注意点2

一宮市は比較的平地が多く、土地が広いことから、比較的不動産取引も活発です。不動産会社を選ぶときは、その不動産会社がどのような強みを持っているか冷静に判断することが必要です。新築物件に強い会社なのか、戸建の販売を得意としているのか、中古マンションの販売を得意としているかなど。

初めて不動産を売却しようと思っている場合は持っている情報も少ないと思いますので、なるべく店舗に多く足を運んで、話を聞くようにしましょう。物件を高く売却するためには、物件の強みを活か販売ができる不動産会社を選ぶことも大切なポイントです。いい不動産会社を選ぶためには多くの母数から自分に合ったところを探し出す必要があります。綿密に情報収集をおこない、相談できる不動産会社を見つけておきましょう。

まとめ

本記事では、不動産売却の基本的な流れと、愛知県一宮市での不動産売却に役立つ相場情報(マンション・戸建て・土地)や地価推移、街の特徴や魅力について紹介しました。

  • 一宮市は名古屋のベッドタウンとして人気の町
  • 一宮市の人口・世帯数共に伸びている
  • 中古マンションは築年数の古い物件が多く、築浅物件が少ない
  • 高く売るためには信頼できる不動産会社探しが大事

不動産を高く売るためには、地域特性と相場を把握した上での戦略と、信頼できる不動産会社からの協力が必要不可欠です。愛知県一宮市での不動産売却をお考えの方は、愛知県一宮市の不動産売却の市況を細かくリサーチしながら、パートナーとなる不動産会社探しを始めましょう。

不動産売却についての
ご相談、ご依頼はこちらまで
ご相談、査定は無料です
お気軽にお問い合わせください
0120-96-4876
受付:9:30~18:30年中無休(年末年始を除く)
WEBでのお問い合わせ
24時間365日
タイトルとURLをコピーしました