【2020最新版】大阪府豊中市で高く不動産を売却するコツと地域情報・相場を知ろう

大阪府豊中市で高く不動産を売却するコツと地域情報・相場
  • 高く不動産を売却するには相場の把握が必要不可欠
  • 豊中市は大阪都市圏のベッドタウンとして発展
  • 近年は市内南部の一部を除いて、地価が上昇傾向
  • 今後は千里中央駅周辺の再整備に期待が高まっている

豊中市は、大阪府北部の北摂豊能地域に位置する、人口約40万人の中核市です。 神崎川を隔て、大阪市の北側に隣接し、地形は、北東の千里山丘陵部・中央の豊中台地・西南の低地部という構成です。海抜134m の新千里北町から大阪湾に向かってゆるく傾斜しています。

昭和30年代より始まった千里ニュータウンの開発により、都市基盤インフラは早い段階で整いました。公共交通網においては、阪急電鉄や北大阪急行電鉄が千里丘陵地帯へ延伸整備され、梅田までは電車で15分程度でアクセス可能。このような要素から、大阪都市圏のベッドタウンとして発展してきました。

中国自動車道・名神高速道路・阪神高速池田線・新御堂筋をはじめとする幹線道路網、それに市北西部には大阪国際空港(伊丹空港)を有している豊中市は、交通至便なエリアです。 ここでは、豊中市の不動産事情や地域特性、不動産を売るときに注意すべき点やポイントなどを紹介していきます。

あなたの不動産を簡単60秒で無料査定!

豊中市の最近の様子

豊中市の最近の様子
  • 豊中市は2014年に「千里中央地区活性化ビジョン」を策定
  • 千里中央駅の商業施設の改築と交通機能の再編をはかる計画
  • プロジェクトは2024年に完了予定

豊中市は、千里中央駅周辺の再整備のため、2014年に千里中央地区活性化ビジョンを策定しました。千里中央駅は北大阪急行電鉄南北線と大阪モノレール本線の2つが交わるターミナル駅です。

千里中央地区活性化ビジョンでは、官民協働の合意形成の場となる千里中央地区活性化協議会を発足させ、老朽化した商業施設の改築とともに交通機能の再編構想を取りまとめています。

その中では、千里阪急とセルシー跡地を一体開発し、バス乗降場等を中央改札周辺に集約することによって、利用者に使いやすい動線となるように再配置することが計画されています。同時に公共施設の再整備や北大阪の都市拠点にふさわしい高次都市機能の導入等を図り、再整備を効率的に進める方針です。

この事業は10年後の完成を目指しており、千里中央駅が新しくリニューアルすることで、豊中市全体が活気づくことが期待できるでしょう。

不動産売却の流れを把握しましょう

まずは、不動産売却の流れを把握しましょう。全体像を把握することで売却の成功に1歩近づきます。

不動産売却の流れ

Step1:相場を調べる
 ▶相場を調べるところから不動産売却は始まります。

Step2:不動産会社に査定を依頼する
 ▶保有する不動産がいくらで売却できるか不動産会社に査定してもらいます。

Step3:不動産会社と契約を締結する
 ▶査定内容に問題がない場合は契約を締結します。

Step4:不動産の売却を始める
 ▶実際に不動産を売りに出します。

Step5:売却・引き渡し
 ▶買い手が見つかれば売却の手続きを行い、不動産を引き渡します。

不動産売却の際に重要なのは、「自分の不動産はいくらで売れるのか」という相場感を把握することです。

不動産の売価をエリアの売買相場より高く設定しすぎると売れにくくなり、低く設定しすぎると自身が損をすることになります。納得のいく不動産売買を行うためには、プロのアドバイスや注意点を聞きながら売価を設定しましょう。

豊中市の相場を知ろう

豊中市の相場を知ろう
  • 豊中市の公示地価は上昇を続けている
  • 北大阪急行の千里中央駅周辺の地価が最も高い
  • 土地相場はわずかに上昇しているが、戸建てとマンションは横ばい

まずは豊中市の売却動向を簡単に掴んでいきましょう!

豊中市の地価・不動産相場の推移

豊中市の2020年最新公示地価は平均24万9,871円/㎡です。2019年からの変動率は+2.30%です。2015年公示地価平均である22万8,660/㎡と比較すると、9.28%も上昇しています。地価は、ここ10年ほど増減を繰り返しながらも上昇傾向にあり、中でも直近3年間は大きく値上がりしています。

全体的に地価が上昇している大阪府内にあっても、豊中市は地価が高めに推移しているエリアです。中でも、北大阪急行の千里中央駅周辺の地価の上昇は顕著です。一方で、市内南部の神崎川に近い場所では地価が少し下落気味です。

豊中市の売却動向や売却相場の動き

国土交通省のデータによると、豊中市は大阪府の中でも取引件数が多い方で、近年はさらに上昇傾向にあるようです。

売却価格について

2019年のデータを前半と後半に分けてみると、土地に関しては微かに上昇しており、一戸建てとマンションは下落しています。 直近一年の中古マンション等において、取引件数の多い間取りは3LDKであり、価格帯では2,000万円から3,500万円の間の物件が多く取引されています。

中古マンション等の取引が活発に行われているのは千里中央駅周辺。取引平均価格は3,600万円代後半であり、比較的高価格帯での取引となっています。

参考)豊中市での直近の取引価格情報

中古マンション(駅距離基準値:10)

駅徒歩
10分以内
駅徒歩
10分以上
70㎡3,700万円2,500万円
75㎡3,700万円2,000万円
80㎡4,500万円2,450万円
85㎡2,400万円2,600万円
90㎡3,500万円3,600万円
95㎡6,100万円2,300万円
100㎡4,250万円3,900万円

※2019年取引価格中央値

戸建て(駅距離基準値:15)

駅徒歩
15分以内
駅徒歩
15分以上
80㎡2,300万円
85㎡3,150万円2,600万円
90㎡4,800万円2,800万円
95㎡3,300万円3,950万円
100㎡3,400万円3,800万円
105㎡3,550万円3,450万円
110㎡4,050万円3,550万円

※2019年取引価格中央値

不動産価格に影響を与えそうな出来事

  • 2023年までに北大阪急行線が箕面市まで延伸される計画がある
  • 北大阪急行線が延伸されれば、千里中央駅の過密が解消される可能性も

北大阪急行線の終着駅である千里中央駅を有する豊中市。北大阪急行線は2023年度完成を目標に、箕面市までの延伸工事が進んでいます。この計画は1970年の大阪万博終了直後からあったそうですが、具現化しないまま50年が過ぎてしまいました。そのため、新しく駅ができる予定のエリアには開発余地が少ない状況です。

この件は一見すると不動産価格には影響がなさそうに思えます。しかし、新駅予定地周辺の住人が千里中央駅を拠点としているために交通アクセスが集中し、頻繁に交通渋滞が起きている現状を鑑みると、延伸は土地の価値を左右する一要素となり得ることがわかります。

延伸によりこの渋滞が解消され、より良い住環境が整えば、地価はさらに上昇するかもしれません。一方で、現在の千里中央駅周辺の人気が分散し、地価が下落をする可能性も否定できません。 いずれにしても、北大阪急行線の延伸の動向には注意を払ったほうが良いでしょう。

【売却のコツ】豊中市の地域特性を把握し、高く売るための戦略を練ろう

豊中市の地域特性を把握し、高く売るための戦略
  • 豊中市は大阪市のベッドタウンとして成長している
  • 人口も世帯数も順調に増加している
  • 千里中央駅以外では豊中駅も最近注目されている

地域特性を知るメリットとは?

大阪市のベッドタウンとして需要の高い豊中市では、日々活発に不動産取引がおこなわれています。豊岡市の自分の不動産を購入してもらうためには、販売戦略はとても重要です。豊岡市の地域の特徴から、買いたい人がどのような層か考えてみましょう。

ただし、同じ豊岡市の中でも位置や物件の特性によって変わってきますので、細かな点については地元情報の専門家である不動産会社の人に相談することをおすすめします。

豊中市の地域特性・歴史や魅力

街の歴史と魅力

大阪府豊中市は、1910年に箕面有馬電気軌道(現在の阪急電鉄宝塚線)が開通したことで沿線が住宅地として開発され、急速に発展しました。大阪市に近いことや丘陵地帯が絶好の住宅地となり、文教都市と呼ばれ、市街地も大きく広がりました。

1966年、千里ニュータウン構想に基づき、新千里北町が完成。名神高速道路や阪神高速道路、新御堂筋線、中央環状線等が相次いで開通し、人口も急激に増加。 千里ニュータウンの開発で、現在では市街地が7割以上となり、農地や山林は5%以下と大幅に低下しています。商業やサービス業を中心に発展し、大阪府の中でも転勤の多い方にも暮らしやすいとの声が多く聞かれます。

豊中市の人口推移

2015年の国勢調査の結果、2015年の時点での総人口は395,479人と5年前の調査よりも6,138人増加していることがわかりました。また、世帯数においても170,325世帯と、5年前の調査よりも3,648世帯増加しています。

豊中市で人気のエリアは?

豊中市で人気のエリアといえば千里中央駅周辺ですが、需要が集中しているために競争は非常に激しい状態です。千里中央駅以外で注目されているのは阪急沿線の駅です。中でも豊中駅周辺の人気は高まってきています。

通勤特急列車や急行列車が停車する豊中駅。急行を使えば梅田駅まで乗り換えなしの12分でアクセス可能です。伊丹空港へも電車とモノレールを使えば15分程で到着でき、タクシーでの移動も容易です。中規模なスーパーマーケットも駅周辺に点在しているため、買い物には困りません。

豊中市で不動産売却をおこなう際のポイント・注意点

豊中市で不動産売却をおこなう際のポイント・注意点
  • 豊中市は伊丹空港から近いことによる騒音の影響もある
  • 不動産物件の防音対策にも注意が必要
  • 自分にあった不動産会社を見つけるためにも、査定は多めに依頼する

ポイント・注意点1

人気エリアのひとつである豊中駅について、伊丹空港からの騒音について気にされる方もいるでしょう。とは言っても、航空機の技術向上や、住宅や施設などへの防音対策がなされているため、環境基準はおおむね達成されています。

周辺市街地への環境対策としては、飛行機の運用時間は7時~21時の間に制限されています。そのため、深夜や早朝などの飛行はありませんが、昼間の屋外では騒音を感じることもあることを念頭に入れておきましょう。

ポイント・注意点2

不動産を売却するときに、パートナーとして、どこの不動産会社を選ぶかはとても重要です。特に豊中市のような不動産取引が活発なエリアでは、不動産会社の数も多く、一社に絞り込むことはとても大変です。

できるだけ数多くの不動産会社に物件の査定を依頼することは、良い不動産会社と出会うための手段としては有効です。 不動産の価値を十分に理解した上できめ細やかな相談に乗ってくれるような不動産会社を見つけることが大切です。

まとめ

本記事では、不動産売却の基本的な流れと、豊中市での不動産売却に役立つ相場情報(マンション・戸建て・土地)や地価推移、街の特徴や魅力について紹介しました。

  • 豊中市は大阪都市圏へのアクセスに優れている
  • 地価や不動産取引件数は上昇傾向にある
  • 千里中央駅の再開発も計画されており、今後も相場は活況と予想される
  • 不動産の価値の見極めや売却計画は綿密に
  • 高く売るためには信頼できる不動産会社探しが大事

不動産を高く売るためには、地域特性と相場を把握した上での戦略と、信頼できる不動産会社からの協力が必要不可欠です。豊中市での不動産売却をお考えの方は、不動産売却の市況を細かくリサーチしながら、パートナーとなる不動産会社探しを始めましょう。

不動産売却についての
ご相談、ご依頼はこちらまで
ご相談、査定は無料です
お気軽にお問い合わせください
0120-96-4876
受付:9:30~18:30年中無休(年末年始を除く)
WEBでのお問い合わせ
24時間365日
タイトルとURLをコピーしました