【2020最新版】堺市北区で高く不動産を売却するコツと地域情報・相場を知ろう

大阪府堺市北区で高く不動産を売却するコツと地域情報・相場
  • 高く不動産を売却するには相場の把握が必要不可欠
  • 新金岡駅周辺で大規模な再開発が計画されており、地価上昇に期待
  • 堺市北区は人口増加を続けており、住宅ニーズが期待できる
  • 地域の強みや将来性をしっかりとアピールしよう

堺市北区は堺市の北端に位置している区です。JR阪和線・南海高野線・大阪メトロ御堂筋線が乗り入れており、特に大阪メトロ御堂筋線のなかもず駅は始発駅であり、大阪都心まで直通でアクセスできます。

堺市が政令市に移行した2006年には人口は堺市内で2番の人口を擁する地域でしたが、ベッドタウンとして人口が増え続け、2009年以降は堺市最大の人口を擁する区に成長しました。

主要な駅の周辺には大型商業施設が立ち並ぶ一方で、世界遺産に登録された中百舌鳥古墳群があり、利便性と豊かな歴史が両立している地域であると言えるでしょう。今回は堺市北区の不動産事情や地域特性、不動産を売却するための方法について解説していきましょう。

あなたの不動産を簡単60秒で無料査定!

堺市北区の近年の変化

堺市北区の近年の変化
  • 堺市北区の相場は大阪府平均より1.34倍高い水準で推移
  • 堺市北区ではマンションと戸建がほぼ同数流通している

2020年現在の堺市北区の平均公示価格は19.83万円/㎡で、大阪府平均の14.71万円/㎡よりも1.34倍高い水準で推移しています。大阪市福島区の相場変化は上昇傾向で、特に2014年以降は年平均3.5%のペースで上昇していることから地価上昇率が高い地域といえるでしょう。

堺市北区はマンションと戸建がほぼ同じ割合で流通しており、さまざまな住宅ニーズが見込めます。売却にあたってはエリアや物件ごとに地域特性や相場を把握しておくことが重要です。

不動産売却の流れを把握しましょう

不動産売却の流れを把握しましょう

まずは、不動産売却の流れを把握しましょう。全体像を把握することで納得の行く金額で不動産を売却することができます。

不動産売却の流れ

Step1:相場を調べる
 ▶相場を調べるところから不動産売却は始まります。

Step2:不動産会社に査定を依頼する
 ▶保有する不動産がいくらで売却できるか不動産会社に査定してもらいます。

Step3:不動産会社と契約を締結する
 ▶査定内容に問題がない場合は契約を締結します。

Step4:不動産の売却を始める
 ▶実際に不動産を売りに出します。

Step5:売却・引き渡し
 ▶買い手が見つかれば売却の手続きを行い、不動産を引き渡します。

不動産売却の際に重要なのは、「自分の不動産はいくらで売れるのか」という相場感を把握することです。

不動産の売価をエリアの売買相場より高く設定しすぎると売れにくくなり、低く設定しすぎると自身が損をすることになります。納得のいく不動産売買を行うためには、プロのアドバイスや注意点を聞きながら売価を設定しましょう。

堺市北区の相場を知ろう

堺市北区の相場を知ろう
  • 堺市北区の平均公示価格は19.83万円/㎡で前年比6.1%の上昇
  • 坪単価は大阪府の平均相場と比べて1.34倍高く推移している
  • 人気エリアは大阪メトロ御堂筋線なかもず駅・新金岡駅・北花田駅周辺

まずは堺市北区の売却動向を簡単に掴んでいきましょう!

堺市北区の地価・不動産相場の推移

堺市北区の平均公示価格は、2020年と2019年で比べると6.1%高くなっています。2020年時点では19.83万円/㎡です。そこから5年前にあたる2015年と比較すると、23%高くなっています。大阪府全体と比較すると、地価上昇が高い地域であるといえるでしょう。

堺市北区の売却動向や売却相場の動き

堺市北区の売却動向は、マンションと戸建が同じ割合で推移しているのが特徴です。マンションの売却動向は、築年数が20年以上の物件が7割以上を占めています。専有面積は60㎡〜70㎡前後の3LDK〜4LDKの物件が大半です。

一方、戸建の売却動向は築年数20年以内の物件が3割程度で、残りは築30年以上の物件が中心です。専有面積は100㎡前後の物件が多く流通しています。堺市北区はエリアによって価格に差が大きいのが特徴。

土地の坪単価は長曽根町の坪単価130万円から中村町の坪単価5.6万円まで価格差があります。堺市北区で人気があるのは大阪メトロ御堂筋線沿線に集中しており、なかもず駅や新金岡駅、北花田駅周辺です。

参考)堺市北区での直近の取引価格情報

中古マンションなど(駅距離基準値:10)

駅徒歩
10分以内
駅徒歩
10分以上
70㎡2,600万円2,400万円
75㎡3,150万円2,100万円
80㎡3,850万円2,300万円
85㎡3,550万円2,950万円
90㎡3,700万円
95㎡3,400万円
100㎡

※2019年取引価格中央値

戸建て(駅距離基準値:15)

駅徒歩
15分以内
駅徒歩
15分以上
80㎡1,400万円720万円
85㎡2,300万円
90㎡2,700万円3,100万円
95㎡3,700万円1,600万円
100㎡3,400万円3,500万円
105㎡4,300万円3,000万円
110㎡2,350万円

※2019年取引価格中央値

不動産価格に影響を与えそうな出来事

不動産価格に影響を与えそうな出来事
  • 新金岡駅周辺で再開発計画が進行中
  • 「フレスポしんかな」でIoTを活用した「堺市シェアサイクル実証実験」を開始

堺市北区の中央部に位置する新金岡地区は、高度経済成長期に開発された住宅地を中心としたニュータウンでした。大阪メトロ御堂筋線の新金岡駅があり、大阪都心へのアクセスが容易で、周辺に公園や緑地もあることから住みやすい環境のエリアです。

現在、公営住宅が更新の時期にさしかかっているため、更新に合わせてより住みやすいまちづくりを進めるための再開発が計画されています。

この再開発に先立ち、まずは地域の中心である新金岡駅周辺の再開発計画である「堺市新金岡駅前土地区画整理事業」がスタート。この事業では公共施設整備を中心に、商業系複合施設や区役所を建設。再開発の拠点づくりを進めるとともに、駅前地区としての土地の高度利用や都市機能の更新を目指しています。

また、新金岡駅に直結している大型商業施設「フレスポしんかな」は、堺市と連携して敷地内に「シェアサイクルポート」を設置し、IoTを活用してたシェアサイクルの実証実験を行っています。

シェアサイクルは、各地に設置された自転車を利用登録者が自由に使える自転車で、IoT技術を活用することでスマートフォンやICカードを使って自転車の鍵を解錠し、利用後はシェアサイクルポートに停めるだけで返却可能です。

堺市は百舌鳥古墳群の世界遺産登録による観光客の増加によって公共交通の需要が増加しているため、回遊性の向上や新たな地域交通の可能性を模索するための実験を通し、より住みやすい街のあり方を研究しています。

その他にも、ふるさと納税を原資として北区の特性に応じた独自のまちづくりを進めるなど、暮らしやすい街を作るための挑戦に積極的に取り組み中です。

【売却のコツ】堺市北区の地域特性を把握し、高く売るための戦略を練ろう

堺市北区の地域特性を把握し、高く売るための戦略を練ろう
  • 「ほたるまち」の完成で地域が活性化。人気のエリアに
  • 「うめきた2期」事業により、これまで以上の発展が期待できる
  • 人気エリアはJR東西線の新福島駅やJR大阪環状線の福島駅、大阪メトロ千日前線の野田阪神駅周辺

地域特性を知るメリットとは?

不動産の売却を検討している場合、地域相場や不動産を魅力的に売却するノウハウを持っている担当者に任せることができますが、売出価格や内覧対応など売主として対応しなければならない場面もあります。

このような場合に地域や物件についてよく知っている売主が不動産の魅力を最大限にアピールできるような写真やキャッチコピーを作っておくことが大切です。

堺市北区は、人口増加が著しい地域です。区の中心である新金岡駅周辺で大規模な再開発事業が予定されており、再開発が進むことでより暮らしやすい街に進化していることが期待されています。

堺市北区で不動産の購入を検討している人に自分の物件を選んでもらうためにも、物件を魅力的に見せる販売戦略が重要です。まずは地元に詳しく不動産売買の専門家である、不動産会社のスタッフと相談して考えることをおすすめします。

堺市北区地域特性・歴史や魅力

街の歴史と魅力

堺市北区は堺市の北端に位置し、北部は大和川を挟んで大阪市と隣接しており、東は松原市と隣接しています。鉄道網としてはJR阪和線・南海高野線・大阪メトロ御堂筋線が乗り入れており、交通利便性が高いエリアです。

堺市の地名の由来は、旧国名である摂津・河内・和泉の境界に位置しているところから、平安時代に「堺」と名付けられました。

堺市北区には世界遺産に登録された「百舌鳥古墳」も。この古墳群はかつては100基以上の古墳があったとされ、大阪初の世界遺産として注目を集めています。この百舌鳥古墳群には、世界最大級の広さの墓である仁徳天皇陵があり、市街地と大きな歴史遺構が共存しているのが堺市の魅力です。

阪神高速6号大和川線の常盤ICを使えば、車での大阪都心への移動や京都・神戸方面へのアクセスも容易です。

堺市北区の人口推移

堺市北区の人口は2010年に156,561人、2015年は158,845人、2020年には159,579 人(2020年6月末日現在)と増加傾向。世帯数は人口増加に比例して増加しており、今後も住宅ニーズの増加が期待できます。

堺市北区で人気のエリアは?

堺市北区はJR阪和線・南海高野線・大阪メトロ御堂筋線が乗り入れており、大阪メトロ御堂筋線の沿線が特に人気です。なかもず駅や新金岡駅、北花田駅周辺のエリアに人気が集中しています。

堺市北区で不動産売却をおこなう際のポイント・注意点

堺市北区で不動産売却をおこなう際のポイント・注意点
  • 売却予定の地域に合わせてアピールポイントを考えよう
  • 売却のタイミングや売り出し価格の設定は慎重に

ポイント・注意点1

堺市北区は大阪都心へのアクセスが良好なため、ベッドタウンとして多くの人口を擁する街です。特に大阪メトロ御堂筋線沿線は人気が集中しており、売却価格が高くなりがちです。

堺市北区で不動産売却を検討している場合、物件が御堂筋沿線にない場合には、売り出し価格を御堂筋沿線と比較して調整したり、交通アクセス以外のセールスポイントを打ち出すなどの工夫が必要になります。

堺市北区はマンションも戸建ても同じだけのニーズがあるため、所有している不動産の種類によってターゲットを絞り込み、対象が「買いたい」と思うためにはどんな情報が必要かを考え、提供するように心がけましょう。

ポイント・注意点2

堺市北区は新金岡駅周辺で大規模な再開発が予定されています。今後の成長とともに、将来的には地価上昇が期待できる地域です。新金岡駅周辺に不動産を所有している場合にはより高く売却できるタイミングを見計らって売却するように注意しましょう。

何らかの事情ですぐ売却する場合に、アピールポイントとしてエリアの成長性や地価向上の可能性をしっかりと伝え、より高値で売却できるように工夫しましょう。

まとめ

まとめ

本記事では、不動産売却の基本的な流れと、堺市北区での不動産売却に役立つ相場情報や地価推移、街の特徴などを紹介しました。

  • 新金岡駅周辺で大規模な再開発が計画されており、地価上昇に期待
  • 堺市北区は人口増加を続けており、住宅ニーズが期待できる
  • 地域の強みや将来性をしっかりとアピールしよう
  • 高く売るためには信頼できる不動産会社探しが大事

不動産を高く売るためには、エリアに対してどんな購入層が考えられるのか、地域特性と相場を把握し戦略を練る必要があります。その際、信頼できる不動産会社からのサポートは欠かせません。堺市北区で不動産売却をお考えの方は、該当エリアの不動産売却状況をリサーチした上で、あなたの希望に寄り添ってくれる不動産会社探しを始めましょう。

不動産売却についての
ご相談、ご依頼はこちらまで
ご相談、査定は無料です
お気軽にお問い合わせください
0120-96-4876
受付:9:30~18:30年中無休(年末年始を除く)
WEBでのお問い合わせ
24時間365日
タイトルとURLをコピーしました