【2020最新版】大阪府池田市で高く不動産を売却するコツと地域情報・相場を知ろう

大阪府池田市で高く不動産を売却するコツ
  • 高く不動産を売却するには相場の把握が必要不可欠
  • 池田市の地価は上昇傾向にある
  • 住みやすいエリアが多く、高く売れる要素がある
  • 不動産の需要は高い傾向にある

池田市は大阪府の西北部に位置し、川西市、箕面市、伊丹市と隣接している地域です。人口は約10万人で、大阪の都市部までは電車で20分と交通アクセスが良いことからベッドタウンとして人気を集めています。

市の中央には五月山があり、豊かな自然が広がっています。西部には猪名川が流れ、四季の移り変わる景色が楽しめます。 南部は住宅街が広がり、阪急池田駅や石橋駅周辺は商業施設が充実。交通網も発達しています。一方、北部にはのどかな農村地帯が広がり、レトロな市街地と共存しています。

この記事では、そんな池田市における不動産売却に役立つ地域特性の詳細や、不動産を売却する際のコツについて紹介しましょう。

あなたの不動産を簡単60秒で無料査定!

池田市の不動産動向

大阪府池田市の不動産動向
  • 池田市の地価は大阪府全体と比較して高め
  • 交通の便がいい地域は地価が高い

池田市は、大阪府全体と比較して地価が高めです。土地の価格は2014年以降上昇傾向にあり、2020年の土地価格は22.1万円/㎡で、前年と比較して1.37%の増加です。一貫して大阪府全体の地価より高い傾向にあり、この傾向は今後も続くと予想されます。

地価が最も高いのは石橋で、地価平均は25.7万円/㎡。次いで池田駅が高く、地価平均は25万円/㎡となっています。どちらも池田市の主要駅で、交通の便がいい地域ほど地価が高くなっています。

不動産売却の流れを把握しましょう

大阪府池田市の不動産動向

まずは、不動産売却の流れを把握しましょう。全体像を把握することで納得の行く金額で不動産を売却することができます。

不動産売却の流れ

Step1:相場を調べる
 ▶相場を調べるところから不動産売却は始まります。

Step2:不動産会社に査定を依頼する
 ▶保有する不動産がいくらで売却できるか不動産会社に査定してもらいます。

Step3:不動産会社と契約を締結する
 ▶査定内容に問題がない場合は契約を締結します。

Step4:不動産の売却を始める
 ▶実際に不動産を売りに出します。

Step5:売却・引き渡し
 ▶買い手が見つかれば売却の手続きを行い、不動産を引き渡します。

不動産売却の際に重要なのは、「自分の不動産はいくらで売れるのか」という相場感を把握することです。

不動産の売価をエリアの売買相場より高く設定しすぎると売れにくくなり、低く設定しすぎると自身が損をすることになります。納得のいく不動産売買をおこなうためには、プロのアドバイスや注意点を聞きながら売価を設定しましょう。

池田市の相場を知ろう

大阪府池田市の相場を知ろう
  • 一戸建て、土地の売却額が増えている
  • 取引件数はほとんど変動がない
  • 不動産の需要は増えている

まずは池田市の売却動向を簡単に掴んでいきましょう!

池田市の地価・不動産相場の推移 

池田市の地価は、2020年では 19.1万円/㎡です。上昇しているものの上昇率は低めで、ほぼ横ばいの状況が続いています。大阪府全体と比較するとやや低い地価で、この傾向は今後も続くと予想されるでしょう。

2019年下半期(7月~12月)の不動産価格と、上半期(1月~6月)と比較すると、池田市は前半期と比較して、一戸建て、土地の価格は上昇しているものの、マンションの売却価格はわずかに下落しています。

保有している不動産がマンションの場合は再度上がるタイミングを待つか、逆に早めの売却を検討するのもひとつの戦略です。しかし、マンションの変動は不動産の専有面積も影響しており、あまり重視する必要はないとも考えられるでしょう。

池田市の売却動向や売却相場の動き

池田市の地価は上昇傾向にあります。実際の不動産の売却価格ではマンションの売却価格が下落し、一戸建て、土地が上昇していますが、専有面積や築年数の影響も考えると、ここ数年の不動産価格は安定していると言えるでしょう。また池田市は人口、世帯数ともにゆるやかな増加傾向にあり、住宅需要は増えていると考えられます。

さらに、池田市の空き家率は2018年では12.5%で、前回調査のあった5年前の13.6%と比較すると減少の傾向。大阪府全体と比較しても低い状態をキープしており、この点でも不動産を売りやすい状況といえるでしょう。

参考)池田市での直近の取引価格情報

中古マンションなど(駅距離基準値:10)

駅徒歩
10分以内
駅徒歩
10分以上
70㎡3,600万円2,300万円
75㎡3,000万円1,000万円
80㎡2,100万円
85㎡4,000万円480万円
90㎡3,800万円2,445万円
95㎡4,900万円
100㎡

※2019年取引価格中央値

戸建て(駅距離基準値:15)

駅徒歩
15分以内
駅徒歩
15分以上
80㎡2,900万円
85㎡1,500万円
90㎡3,400万円
95㎡4,000万円3,000万円
100㎡2,300万円3,800万円
105㎡4,800万円4,400万円
110㎡5,450万円450万円

※2019年取引価格中央値

不動産価格に影響を与えそうな出来事

不動産価格に影響を与えそうな出来事
  • 子育てのサポート体制が充実
  • テレビドラマで注目を集める街

池田市では子育てに関して独自の取り組みをおこなっています。子育てに関する情報と問い合わせ先が一目でわかる「いちご応援団」を作成。妊娠から小学校入学までの手続きの流れや助成・手当、子どもの健康や発達に関する相談先など、池田市で子育てをする際に必要なことが網羅されています。

出産時にお祝金付きの積立定期預金通帳を贈呈する制度や子どもの医療費助成などは、他では見られない手厚い支援です。第3子以上を出産した方に小型自動車を3年間無償貸与するユニークな制度もあります。さらに、子育て一時預かり利用券の配布や子ども医療費助成の対象を18歳まで拡充するなど、充実したサポートが魅力です。

池田市はカップヌードルで有名な日清食品の安藤百福の出身地で、インスタントラーメン発祥の地としても知られています。安藤百福をモデルにしたNHKの朝ドラ「まんぷく」では池田市が舞台になり、注目を集めました。

池田駅近くにはかつてテレビドラマにもなった栄町商店街があり、今でもレトロで活気のある街並みを残しています。池田市は大阪近郊のベッドタウンとして発展を遂げながらも、昭和の雰囲気を残す街が共存する魅力のある街と言えるでしょう。

【売却のコツ】池田市の地域特性を把握し、高く売るための戦略を練ろう

大阪府池田市の地域特性を把握し、高く売るための戦略を練ろう
  • 不動産の魅力を最大限にアピールすることが大切
  • 駅から離れた地域は、売り出し方を工夫する必要がある
  • 石橋駅、池田駅のような利便性の高いエリアが人気

地域特性を知るメリットとは?

不動産を売る際は、地域の事情に詳しい不動産会社の専門家に任せたいという人も多いでしょう。売却を成功させるためには任せきりにせず、自分も一緒に考えることが大切です。

不動産はただ待っているだけで売れるものではありません。買い手になりそうな人の特徴を分析し、どのような手段を講じれば高く買ってもらえるかなど、不動産会社とともに戦略を立てることが重要です。地域特性を把握しながらそれに基づいた戦略を立てることが、より早く、高い価格での売却を成功させるポイントになります。

池田市の場合、地価は上昇傾向にありますが、人気エリアから外れている地域は上昇率が低いため、他の魅力的な不動産との競争に勝ち抜くためにも有効な販売戦略を立てることが重要です。

地域特性を分析し、どんな層がターゲットとなるかを考えてみましょう。地元に詳しい専門家である不動産会社の担当者ともよく相談して戦略を練ることをおすすめします。

池田市の地域特性や魅力

街の歴史と魅力

池田市は縄文時代の遺跡が残されているほど、古くから人が居住していた地域です。市の中心部は古代から呉服(くれは)の里と呼ばれ、平安時代後期には呉庭荘(くれはのしょう)という荘園が成立しています。呉庭荘は鎌倉時代末期には池田と呼ばれるようになりました。

南北朝時代には池田氏の城下町として町屋が形成され、江戸時代には街道沿いに数多くの問屋や蔵が立ち並ぶ商業都市として繁栄します。酒造の町としても栄え、その歴史から育まれた文化は今もなお街のあちこちに点在。池田城や呉服神社など歴史的遺産も残されています。

池田市の人口推移

池田市の人口は2015年の調査では10万3,069人、 前回調査のあった5年前では10万4,229人で、比較すると1,160人減少しています。 大阪府の中では72市区町村中39番目です。

また、世帯数は4万5,777世帯で、 前回調査のあった5年前の4万5,661世帯と比較すると、116世帯増えています。池田市は人口がやや減っているものの世帯数は増えており、住宅需要は高い傾向があるといえるでしょう。

池田市で人気のエリアは?

池田市は関西66市区の中でも特に犯罪認知件数が少なく豊かな自然が多い地域で、安全と環境に恵まれています。特に子育て環境を重視するファミリーにおすすめです。

人気のエリアは石橋駅や池田駅周辺。交通の利便性が高く、駅周辺も商業施設が多いため日常の買い物に不便がありません。阪急池田駅は特急を含む全列車が停車し、大阪の中心部である梅田駅までは20分ほどです。バス便も多く、駅から多少離れていても不便がありません。

池田市北部は池田のシンボルとされる五月山があり、自然豊かです。五月山公園など自然と触れ合える場所が多く、無料の動物園があり気軽に動物を見にいくこともできます。夜は交通量も少なく、静かな環境。子育てにも便利です。

池田市で不動産売却をおこなう際のポイント・注意点

大阪府池田市で不動産売却をおこなう際のポイント・注意点
  • 能力の高い不動産会社を選ぶことがポイント
  • 上昇率の低い地域は積極的なアピールなどの戦略が必要

ポイント・注意点1

より高い価格で不動産を売却するためには、不動産会社選びが大切なポイントになります。池田市は不動産会社がかなり多い地域です。数多い不動産会社の中から、不動産の価値を正しく評価して適切な購入者を探してくれる会社を選ぶことが必要になるでしょう。

能力の高い不動産会社を見つけるためには、不動産売買の実績だけでなく、必要な情報をすばやく提供してくれる対応力があるかどうか見極める必要があります。綿密に不動産会社の情報収集をおこない、担当者の対応などもしっかりチェックして、最適な不動産会社を選ぶのがよいでしょう。

ポイント・注意点

池田市の地価は上昇傾向にあり、人口はやや減少傾向にあるものの世帯数は増え続けています。空き家率も減少していることから、住宅需要は増えている状況です。とはいえ、需要の高い地域と近郊とでは上昇率に開きがあり、売りたい不動産の立地条件によっては、その魅力をより積極的にアピールする必要があるでしょう。

まとめ

まとめ

本記事では、池田市における不動産売却の基本的な流れと、街の特徴や魅力、不動産売却における地域特性、不動産売却に役立つ情報について紹介しました。

  • 池田市は売りやすい傾向にある
  • 交通が便利で住みやすく、高く売れる要素が多い
  • 高く売るためには信頼できる不動産会社探しが大事

不動産を高く売るためには、池田市の不動産売却における市況や相場を把握した上で、信頼できる不動産会社を見つけることが大切です。不動産の持ち主として不動産会社と協力し、積極的にアピールすることも必要になります。

池田市での不動産売却をお考えの方は、地域の特性をしっかり分析しながら、パートナーとなる不動産会社探しをおこないましょう。

不動産売却についての
ご相談、ご依頼はこちらまで
ご相談、査定は無料です
お気軽にお問い合わせください
0120-96-4876
受付:9:30~18:30年中無休(年末年始を除く)
WEBでのお問い合わせ
24時間365日
タイトルとURLをコピーしました