不動産を早く、高く売るために。クリーニングとリフォームの話。

クリーニングとリフォームの話。

家を売却しようと考える時、なるべく綺麗な状態のほうが印象がいいのはもちろんですが、売りたい時期や利益を考えたうえで行う必要があります。本記事では、どんな場合にリフォームやクリーニングが必要になるかをご紹介します。

あなたの不動産を簡単60秒で無料査定!

基本的にリフォームは必要ない?その理由とは

中古物件において、基本的にリフォームは必要ないといわれます。その主な理由がこちらです。

理由① リフォーム前提で探している人が多い
理由② リフォーム費用に見合った売却額になるかが分からない

理由① リフォーム前提で探している人が多い

そもそも中古物件に新品同様のクオリティを期待している人は多くありません。
自分たちでリフォームやリノベーションをしたほうが好みの部屋にできると考えている人たちにとって、リフォームされていることはそこまで大きなメリットではないでしょう。

また、リフォームではクロス(壁紙)ひとつとっても、汚れに強いものや湿気に強いものなど、様々な種類があります。

リフォーム前提で購入した人の好みに合わず、結局またリフォームをかけてしまう、なんてことになってはもったいないですよね。

理由② リフォーム費用に見合った売却額になるかが分からない

売主は、なるべく高く売りたいと考えてリフォームを検討しますが、必ずしもリフォーム額に見合った売却額になるとは限りません。

先にも述べたように、リフォームを自分でやりたいという人も多く、そういう人たちはなるべく物件の価格自体は抑えたいと考えます。

リフォームして高くなってしまっては本末転倒、ということもありえるのです。

リフォームを検討したほうがいいケース

基本的にリフォームがおすすめされない一方で、リフォームをしたほうがいいケースというのもあります。

それは劣化や損傷がひどく、そこがネックとなり見学者や検討者が一向に現れない場合です。このような場合はリフォームをしたほうが、売れやすくなると考えられます。

フルではなくても、劣化が激しい箇所だけをリフォームするとなれば、そこまで高額な費用にはなりません。
また、リフォームする部分の状態やサイズによって価格が大きく変動します。実際にどれくらいの費用がかかるかは、一度見積もりをとってもらうのが確実です。

早く売りたいならクリーニングが効果的!

リフォームまでいかなくても、クリーニングをするという方法もあります。クリーニングでは、数万円で水回りなどをを綺麗にできるので、検討者は現れるけれど、中々決まらない、という方は検討してみる価値があります。

実際に検討者が見学をしたときに、クリーニングをしていると印象が上がることは間違いないでしょう。

まとめ

まとめると、
・基本的にリフォームは必要ない
・検討者が現れない場合はリフォームの検討を
・早く売りたい場合にはクリーニングの検討を

「いい不動産」では、お家を売りたい方へのリフォームのお見積りも出すことが可能です。もし検討者が現れずに悩んでいるかたは、無料査定から是非お申込みください。まずはお見積りだけご提示いたします。また、相続不動産などでの住み続けの方向けのリフォームのご紹介も可能です。

不動産売却についての
ご相談、ご依頼はこちらまで
ご相談、査定は無料です
お気軽にお問い合わせください
0120-96-4876
受付:9:30~18:30年中無休(年末年始を除く)
WEBでのお問い合わせ
24時間365日
タイトルとURLをコピーしました